NEWS - お知らせ

    • 2024.01.25
    • お知らせ
    • 自販機の客層解析にAIカメラを活用

      ─画像認識プラットフォーム・AIZEが日刊工業新聞に取り上げられました
    • 2024年1月24日、株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東京証券取引所グロース市場《証券コード:5026》以下トリプルアイズ)がアップデート株式会社(栃木県宇都宮市、代表取締役社長:和氣悟志、以下アップデート)に開発協力した自販機AIカメラが、日刊工業新聞に取り上げられました。 https://www.nikkan.co.jp/articles/view/699433     ■障がい者の就労支援を目的とした折り紙の自販機   この自販機は2017年10月にアップデート社が栃木県日光市に設置したもので、障がい者の就労支援を目的として、就労支援事業所で手作りされた折り紙作品が販売されてきました。今回、人と車両の分析カメラを設置することで、通行人の量や自販機に興味を示した人の年齢、性別、表情などを分析します。また、季節ごとに人と車両の通行割合も特定いたします。これにより、自販機のデザインや商品ラインアップの変更などのマーケティング戦略に役立て、商品の売上向上を目指します。     自動販売機による販売支援プロジェクト「つるのはね」       ■来訪者を「見える化」するクラウドシステムを活用   AIZEは顔認証技術で来訪者を「見える化」するクラウドシステムです。設置されたカメラで取得した画像データから、クラウド上にある画像認識AIエンジン・AIZEが男女比率や年齢など人の属性を分析します(個人を特定できるようなデータは保持いたしません)。人数・車両カウントにはAIカメラである AIZE counterを、人物属性分析には AIZE Researchを用います。   AIZEホームページ:https://aize.jp/ アップデート株式会社ホームページ:https://updx.co.jp/         本リリースに関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング 12 階 電話:03-3526-2201 MAIL:info@3-ize.jp
    • 2024.01.24
    • お知らせ
    • トリプルアイズ代表・山田が「会計士の履歴書」に登場
      ─大手監査法人からベンチャーへ キャリア選択時の想いを語る
    • 2024年1月23日、株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東京証券取引所グロース市場《証券コード:5026》)の代表・山田雄一郎がWEBメディア「会計士の履歴書」(運営株式会社CPAコンパス、東京都文京区、代表取締役:桑本慎一郎)に登場いたしましたのでお知らせいたします。           ■会計士の履歴書とは   現役会計士のプロフィールや生き様、経験、性格タイプなどをデータベース化し無料公開することで①現役会計士のキャリア形成に役立つこと②公認会計士の認知度向上③受験生の増加という3つを目的としており、その想いに賛同してくれた現役会計士100名以上の有志で作り上げたものです(会計士の履歴書HPより)。 https://kaikeishinorirekisho.com/     ■大手監査法人からベンチャーへ キャリア選択時の想いを語る   記事では、トリプルアイズ代表の山田雄一郎が15年間にわたる大手監査法人での経験、ITベンチャーに転身したきっかけ、創業者亡き後に経営をバトンタッチされた後の取り組み、今後のビジョンについて語っています。ロングインタビューになりますがぜひご一読ください。 https://kaikeishinorirekisho.com/career/15369/#summary1             本リリースに関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング 12 階 電話:03-3526-2201 MAIL:info@3-ize.jp  
    • 2024.01.17
    • お知らせ
    • 被害者に寄り添ったヘルプアプリを開発協力
      ─痴漢撃退アプリ「Mimosa」が埼玉新聞に取り上げられました
    • 2024年1月14日、株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東京証券取引所グロース市場《証券コード:5026》)が開発に協力した痴漢撃退アプリが、埼玉新聞に取り上げられました。     ■ヘルプアプリMimosaとは   弱者救済のシステム開発と販売を営む「子供110番ハウス(埼玉県本庄市・茂木修代表)」が考案、商品化したもので、痴漢行為をしている犯罪者に知られずに同じアプリを登録している近くの他人のスマートフォンに告知して助けを求める機能を有しています。 茂木代表は埼玉県警の元警察官で、これまでにも高齢者や子どもを対象にした見守り用サービス等を提供してきました。今回のアプリの開発にはトリプルアイズが協力し、iOSで無料で使うことができます(2月上旬までにはAndroidでも対応予定)。     ■被害者の心情に寄り添って開発されたのが特徴   痴漢撲滅に関しては、政府・行政も本腰を入れており、東京都をはじめとしてさまざまなキャンペーンが行われています。 東京都痴漢撲滅キャンペーン https://www.seikatubunka.metro.tokyo.lg.jp/tomin_anzen/chian/mijikanahanzai/chikanbokumetsu/R5chikanbokumetsucampaign.html   東京都が2023年12月25日に公表したデータによれば、女性の4割超、男性の約1割が、これまでに痴漢被害にあったことがあり、被害者の4割は被害にあった際に「我慢した・何もできなかった」と答えています。また第3者である目撃者が行動する場合、痴漢被害の9割超が止まるという調査結果となっています。同様に愛知県鉄道警察隊の調べによれば、第3者からの声掛けで、痴漢は100%犯行を断念するとあり、第3者の介入や被害者が声を上げやすい環境の整備が急務となっています。 今回開発されたヘルプアプリは、被害者の心情に寄り添って開発されたのが特徴で、ダウンロード時には個人情報のやりとりが不要であること、他人のスマホから音声が流れて痴漢行為を告知することから、被害者を周囲に特定できない仕様となっており、安心して利用することができます。       取材を受ける子供110番ハウス・茂木修代表(右)とトリプルアイズ代表・山田雄一郎(左)       ・ヘルプアプリMimosaのお問合せ 電話:0495-27-6877 ・子供110番ハウスURL https://kodomo110.com/index.html                     本リリースに関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング 12 階 電話:03-3526-2201 MAIL:info@3-ize.jp  
    • 2024.01.16
    • お知らせ
    • 将棋連盟100周年を記念して初の地域対抗戦がスタート
      ─羽生善治九段が所司一門将棋センターを訪問
    • 2024年1月16日、株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東京証券取引所グロース市場《証券コード:5026》)子会社である所司一門将棋センター(千葉県習志野市、代表:所司和晴)がABEMA TVの「ABEMA地域対抗戦」に登場いたしました。             ■ABEMA地域対抗戦とは   2024年、日本将棋連盟100周年を記念して将棋界初の地域対抗戦が開催されます(主催:ABEMA、協力:日本将棋連盟)。日本全国を8つの地域に分け、地域に密着したチームが発足。「地域を背負う」をコンセプトに行われる団体戦です。地域チームの棋士の中から4人の「大会出場登録棋士」を指名し、監督を含む5人で団体戦を戦い抜きます。日本将棋連盟会長・羽生善治九段は、「創立100年の大きな節目を迎え、地域の普及と活性化は今後の100年のためにも必要不可欠な要素と考えています。本企画を起爆剤に邁進してゆく所存です」とコメントしています。 https://abema.tv/video/genre/shogi     ■所司一門将棋センター出身の棋士と交流   ABEMA TVでは本戦に先立ち、出場棋士がゆかりの地を訪れて地域の将棋ファンや地元の人々と交流する動画を配信しています。 2024年1月16日から配信された動画では、チーム関東A(埼玉・千葉・群馬・茨城・栃木)の監督である羽生善治九段(所沢市出身)をはじめ、佐々木勇気八段(埼玉県育ち)、近藤誠也七段(八千代市出身)、石井健太郎六段(船橋市・八千代市育ち)が、千葉県習志野市の所司一門将棋センターを訪問する様子が配信されています。 近藤誠也七段と石井健太郎六段は小学生の頃、所司一門将棋センターで所司和晴代表(七段)より指導を受けており、久々の再会となりました。二人がトリプルアイズ将棋部員と対局するシーンや、羽生善治九段と所司代表が対談する模様が映し出されています。 https://abema.tv/video/episode/288-38_s10_p408             ABEMA地域対抗戦 1回戦スケージュール 2024年1月20日(土)関東A vs 関西A 2024年1月27日(土)中国・四国 vs 北海道・東北 2024年2月3日(土) 中部 vs 関西B 2024年2月10日(土)関東B vs 九州     所司一門将棋センター 棋士7名、女流棋士4名を輩出する東の名門。プロ棋士をはじめとした講師のわかりやすい指導は、老若男女問わず定評がある。 〒275-0016 習志野市津田沼5-12-12  サンロード津田沼408 https://kisosya.com/   トリプルアイズ将棋部 将棋採用で選考された強豪が所属し、2023年には職域団体対抗将棋大会の最上位Sクラスで春秋連覇を成し遂げる。 https://www.3-ize.jp/information/3834/   トリプルアイズと将棋のかかわり トリプルアイズは、創業者である今は亡き福原智前代表が将棋愛好家として、将棋の普及活動に率先して取り組んでまいりました。現在は、渡辺明名人を輩出した名門・所司一門将棋センターを子会社に有し、棋士を目指す子どもたちの育成に取り組んでいます。また、アマチュア有段者がトリプルアイズ社内の実力者と対局し、勝利した場合には最終面接に進むことができる「将棋採用」は、多くの反響をいただいています。 将棋採用募集要項:https://www.3-ize.jp/recruit/pdf/shogi-saiyo.pdf         本リリースに関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング 12 階 電話:03-3526-2201 MAIL:info@3-ize.jp  
    • 2024.01.16
    • お知らせ
    • 公営競技にAI顔認証技術を利用したソリューションを提供
      ―トリプルアイズと日本トーターが業務提携
    • 2024年1月16日(火)、株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東証グロース市場《証券コード:5026》、以下トリプルアイズ)は、日本トーター株式会社(本店:東京都港区、代表取締役社長:鹿島将彦氏、以下日本トーター)と業務提携を結びましたのでお知らせします。           ■公営競技分野におけるAI活用で提携   このたびの業務提携は、トリプルアイズが独自に開発した画像認識プラットフォーム・AIZE(アイズ)のAI顔認証技術を利用したソリューションを日本トーターに提供し、ボートレース、競輪、オートレース、地方競馬の公営競技分野並びに中央競馬分野において、相互に発展するため、協力関係を築くことを目的としたものです。     ■日本トーターについて   投票業務システム他、公営競技、中央競馬向け各種製品の企画・開発・製造・販売・保守から、公営競技場で行う広告宣伝、警備、清掃、施設管理等を含めた総合運営®(包括的民間委託)やインターネット投票等、公営競技の幅広い領域で製品・サービスを提供しています。     ■トリプルアイズのAI画像認識プラットフォーム・AIZE   画像認識プラットフォーム・AIZE は、顔認証、画像認識を行うソリューションとして、オフィスや流通小売業を中心に施設や工場など、業種・業態を問わずサービス提供を行っています。なかでも顔認証については、正面静止画像であれば認証率99%超という高精度を誇ります。AIZEは豊富なサービスレイヤーを備え拡張性に優れており、既存システムに即したカスタマイズも可能です。     トリプルアイズ会社概要 【会社名】  株式会社トリプルアイズ (英名:TRIPLEIZE CO., LTD.) 【所在地】  東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング12階 【設 立】  2008年9月3日 【資本金等】 8億7006万円 【代表者】  代表取締役 山田雄一郎 【事業内容】 システムインテグレーションおよびAIプラットフォームの提供 【コーポレートサイト】https://www.3-ize.jp/   日本トーター会社概要 【会社名】  日本トーター株式会社(英名:NIPPON TOTOR CO.,LTD.) 【所在地】  東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー6階 【設 立】  1982年4月 【資本金】  1億円 【代表者】  代表取締役社長 鹿島将彦 【事業内容】 公営競技の企画、運営及び開催受託に関する業務並びにコンサルタント業務 【コーポレートサイト】https://www.totor.co.jp/         本リリースに関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング12階 電話:03-3526-2201 MAIL:info@3-ize.jp
    • 2024.01.12
    • お知らせ
    • 製造業の未来を拓くDXと安全管理の戦略
      ─GAUSSとトリプルアイズが競争力強化セミナー開催
    • 2024年1月26日(金)、株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東京証券取引所グロース市場《証券コード:5026》、以下トリプルアイズ)と株式会社GAUSS(東京都渋谷区、代表取締役:宇都宮 綱紀、以下GAUSS)は、「生産性向上と労災防止に向けた最新の成功事例とベストプラクティス」と題して、製造現場のDX推進ご担当者、安全管理ご担当者向けの無料ウェビナーを開催いたします。           AIはすでにさまざまな業界で導入が進み、ビジネス現場では効率化と生産性の飛躍的な向上が期待されています。今回のセミナーでは、製造現場で活躍されているDX推進のご担当者、安全管理のご担当者を対象に、2部構成にて、AIによる効率的な安全管理手法と生産性向上について講演いたします。     ■概要 タイトル:生産性向上と労災防止に向けた最新の成功事例とベストプラクティス 開催日:  2024年1月26日(金) 14:00 - 15:30 参加費:  無料 開催方法: オンライン開催 お申込み完了後、こちらからZoomウェビナーURLをお送り致します。 主催企業: 株式会社GAUSS (https://gauss-ai.jp/) 株式会社トリプルアイズ(https://www.3-ize.jp/) お申し込みフォーム: https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfOsct6VZTHR6XhT9R384MaOPIOB19Vvjn9_pQjcSsCn-o0iA/viewform     ■アジェンダ <1部>AIによる効率的な安全管理手法 スピーカー:株式会社GAUSS GAUDi事業部カスタマーサクセスグループ長 冨永尚矢 氏 安全管理と労災防止に焦点を当てながら、AIノーコード開発、プラットフォームとAIカメラの活用法をご紹介いたします。競争力強化のカギとなるデジタル変革の戦略として、お手元のPCから手軽にAIを活用し、製造現場の安全性を向上させる方法をお伝えします。 株式会社GAUSSはAIスタートアップ企業で、誰でも簡単にAI開発が行えるAI開発プラットフォームを提供しているほか、製造業・建設業の現場の安全・安心を守るAIカメラ「GAUDi EYE」を開発・提供しています。   <2部>AIラボの活用による生産性向上事例について スピーカー:株式会社トリプルアイズ 営業本部AIZE営業部 執行役員 藤澤由士 先端技術をどのように活用したらよいかわからない、社内にAIに関する知見がない、社内データを需要予測や在庫管理に結びつけたい。こうしたニーズを持つ企業様に向けて、AIラボを利用してビジネスを強力に推進している事例についてご案内します。     GAUSS会社概要 【会社名】  株式会社GAUSS 【所在地】  東京都渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル 9階 【設 立】  2017年5月2日 【資本金】  1億円 【代表者】  代表取締役 宇都宮 綱紀 【事業内容】  AIパッケージ共同開発・コンサルティング・公営競技予想AI 【コーポレートサイト】https://gauss-ai.jp/   トリプルアイズ会社概要 【会社名】  株式会社トリプルアイズ (英名:TRIPLEIZE CO., LTD.) 【所在地】  東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング12階 【設 立】  2008年9月3日 【資本金】  8億7006万円 【代表者】  代表取締役 山田雄一郎 【事業内容】 システムインテグレーションおよびAIプラットフォームの提供 【コーポレートサイト】https://www.3-ize.jp/       プレスリリースに関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 広報グループ 電話:03-3526-2201 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/
    • 2023.12.27
    • お知らせ
    • IR・株式投資リアルセミナーのお知らせ
      ─東京ビッグサイト「資産運用EXPO」にて当社代表・山田が登壇
    • 株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東京証券取引所グロース市場《証券コード:5026》、以下トリプルアイズ)は、2024年1月19日(金)から21日(日)までの3日間、東京ビッグサイトにて開催される「第7回資産運用EXPO[春](主催RX Japan)」において、同イベント内の「上場企業によるIR・株式投資セミナー」に参加することといたしましたので、下記の通りご案内申し上げます。     日  時:2024年1月19日(金)弊社登壇時間 14:30~15:00 会  場:東京ビッグサイト西展示棟 西2ホール日本証券新聞社ブース横 内  容:会社事業説明および今後の成長戦略など 登壇者:株式会社トリプルアイズ代表取締役・山田雄一郎 入場料:無料 ご聴講希望の来場者様は資産運用EXPOに入場するための来場登録が必要です。下記フォームをご利用ください。 https://entry.reedexpo.co.jp/expo/ASSET/?lg=jp&tp=inv&ec=ASSET&em=irex   公式ウェブサイト:https://www.am-expo.jp/tokyo-1/ja-jp/seminar/irsi.html 主 催:RX Japan株式会社 特別協力:株式会社 日本証券新聞社 ※イベントの詳細につきましては、公式ウェブサイトをご覧ください。         本リリースに関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング 12 階 電話:03-3526-2201 MAIL:info@3-ize.jp  
    • 2023.12.26
    • お知らせ
    • 個人投資家様向けオンラインIRセミナーのご案内
      ─ logmi IR Liveにて当社代表・山田が登壇
    • 株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東京証券取引所グロース市場《証券コード:5026》、以下トリプルアイズ)は、個人投資家様に向けたオンラインセミナーを、2024年1月18日(木)19時より開催することをお知らせします。   本説明会では、当社代表取締役・山田雄一郎が登壇し、2024年1月12日(金)に開示予定の「2024年8月期第1四半期決算」の内容についてご説明いたします。初めて当社を知る方にも魅力を知っていただければ幸いです。皆さまからの事前質問・当日質問にも、お時間の許す限りお答えする予定です。どなたでも是非お気軽にご参加ください。     ■logmi IR Live個人投資家様向けIRセミナー開催概要   日時:2024年1月18日(木)19:00~20:00 会場:Zoomでのオンライン開催 内容:2024年8月期第1四半期決算のご説明、並びに質疑応答 ※質問の内容によってはお答えできない場合がございます。予めご了承ください。 参加費:無料 視聴方法:logmi IR Liveにアクセスしてください。 logmi Financeの個人投資家向けIRセミナーより当社セミナーを選択してください。 https://finance.logmi.jp/ir_live/424         本リリースに関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング 12 階 電話:03-3526-2201 MAIL:info@3-ize.jp  
    • 2023.12.25
    • お知らせ
    • 株式会社トリプルアイズ2024年8月期第1四半期決算説明会 開催のお知らせ
    • 株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東京証券取引所グロース市場《証券コード:5026》、以下トリプルアイズ)は、個人投資家・機関投資家合同の2024年8月期第1四半期決算説明会を、2024年1月15日(月)19時より開催することをお知らせします。   本説明会では、当社の取締役が登壇し、2024年1月12日(金)に開示予定の「2024年8月期第1四半期決算」の内容についてご説明いたします。   ■株式会社トリプルアイズ2024年8月期第1四半期決算説明会 開催概要   日時 :2024年1月15日(月) 19:00~20:00 会場 :Zoomでのオンライン開催 内容  :2024年8月期第1四半期決算のご説明、並びに質疑応答 ※質問の内容によってはお答えできない場合がございます。予めご了承ください。 参加費:無料 申込方法: ir@3-ize.jp 宛に、説明会参加希望の旨と、お名前・お電話番号記載の上、お申し込みください。お申込み完了後、ウェビナー参加URLをメールにてご案内いたしますのでご確認ください。 申込締切:2024年1月11日(木)18:00 定員:先着500名 ※定員に達した場合はご参加いただけません。予めご了承ください。 お問い合わせEmail:ir@3-ize.jp             本リリースに関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング 12 階 電話:03-3526-2201 MAIL:info@3-ize.jp