IT批評が書籍化! 特設サイトはコチラ

AIプラットフォームとシステムインテグレーションの二刀流で
DXイノベーションを実現

システム開発に実績のあるSI部門とAIエンジンの研究開発を進めるAIZE部門のシナジーによって、あらゆるビジネスにDXイノベーションを。

事業内容

AIとシステム開発の二刀流でDXイノベーションを実現

システム開発に実績のあるSI部門とAIエンジンの研究開発を進めるAIZE部門のシナジーによって、あらゆるビジネスにDXイノベーションを。

事業内容

現場の声を先端テクノロジーに翻訳する力 BUSINESS METHOD

先端テクノロジーを、現場で働くすべての人が便利に使えるように“Translation(翻訳)”することで、ビジネスにデジタルな“Transformation(変革)” をおこしていく明確な手法があります。
システム開発でクライアント・ニーズに最適なアウトプット創出を担うプロフェッショナルエンジニア集団だからこそ、企業に最適なAI導入、DX推進が実現できるのです。
それがわたしたちの強み──。

VIEW MORE

第3次AIブームは囲碁AIとともに R&D

AI(人工知能)のブレークスルーはディープラーニングによる画像認識によってもたらされました。
その進化を世界に認めさせたのが囲碁AIでした。
向こう数十年は不可能だといわれていたプロ棋士戦で勝利を得たのです。
10の360乗といわれる囲碁の局面変化を画像によってディープラーニング(深層学習)したことで、囲碁AIの学習量が飛躍的に増加したのです。

わたしたちトリプルアイズは囲碁AIを研究開発してきた唯一の日本企業です。
わたしたちの画像認識AIエンジンは現在のAIの王道を行くものです。

VIEW MORE

サービス SERVICE

  • 技術だけでは豊かになれない。実装だけでは未来が見えない。サービスを介して技術を社会に届けます。
    システム開発に実績のあるSI部門とAIエンジンの研究開発を進めるAIZE部門のシナジーによって、あらゆるビジネスでDXイノベーションを推進します。

VIEW MORE

  • 事例 CASE STUDY

    • 当社の顧客は、大企業から中小企業まで規模・業種を問いません。先端技術を用いたDXのソリューション事例を紹介します。

    • VIEW MORE
  • 研究開発 INITIATIVES

    • 2014年より取り組みがスタートした囲碁AIの研究は、ディープラーニングを用いた画像認識技術として結実しました。先端技術への挑戦は私たちの存在証明です。

    • VIEW MORE

お役立ち情報 TRIPLE BLOG

  • 最新のテクノロジー事情やAIの活用方法、DXの取り組み方、ビジネスの新しいムーブメントなどをわかりやすく解説します。ビジネスに活かせるヒントが見つかります。

VIEW MORE

メールマガジン TRIPLE MAGAZINE

  • 2020年11月より配信しているメルマガのバックナンバーです。関係各社向けに、当社の製品やサービスについてはもちろん、IT・AIに関する最新情報や社内の出来事など隔週で発信しています。

VIEW MORE

補助金・助成金活用 SUPPORT

  • AI導入やAI人材育成に補助金・助成金を活用しませんか?トリプルアイズでは、申請に必要な手続き支援をおこなっています。ぜひ活用をご検討ください。

VIEW MORE

お知らせ NEWS

    • 2024.06.17
    • お知らせ
    • 【IT批評】人による問題解決を支援するAI
      ――東京大学大学院准教授・馬場雪乃氏に聞く
    • 2024年6月17日(月)、株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東京証券取引所グロース市場《証券コード:5026》、以下トリプルアイズ)は、オウンドメディア「IT批評」にて、以下の記事を掲載したことをお知らせいたします。       東京大学大学院准教授・馬場雪乃氏に聞く (1)研究者とAIが協働して課題を解決する 6/17公開 (2)AIを介してアップデートするコミュニケーション 6/18公開 (3)AIを通じて人が深く考える社会の実現に向けて 6/19公開           日本の学術研究の基盤の揺らぎが指摘されています。2023年に公表された被引用件数が上位1%に占めるトップ論文の数は319本、国別順位で12位と歴代最低のスコアとなりました。この背景として、人材や研究費用の確保が難しいことや短期間でコンスタントに成果をあげなければならない予算状況が指摘されています。研究者とAIが相補的に研究課題にチャレンジするとともに、市民とパートナーシップをむすんで研究をすすめるシステムを研究する東京大学の馬場雪乃氏に話を伺いました。 https://it-hihyou.com/       馬場 雪乃(ばば ゆきの)プロフィール 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻准教授。東京大学大学院情報理工学系研究科創造情報学専攻博士課程修了。情報理工学博士(東京大学)。国立情報学研究所特任研究員、京都大学大学院情報学研究科助教、筑波大学システム情報系准教授などを経て2022年より現職。人工知能学会理事・代議員。人工知能、人とAIの協働、集合知、クラウドソーシングの研究に従事。人間の正確な判断をAIに取り入れる機械学習技術を多数開発。JSTムーンショット型研究開発プロジェクトにおいて、人間と協働して研究を行うパートナーAIの開発を推進する。2024年IPSJ/IEEE Computer Society Young Computer Researcher Award受賞。共著書に『データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編』(技術評論社)『ヒューマンコンピュテーションとクラウドソーシング』(講談社)がある。       「IT批評」とは 「IT批評」は2010年に活字メディアとして創刊され、ITの視点から時代、社会、ビジネスを横断的かつ大局的に見極めることをコンセプトに、多彩な有識者が論考を発表してきました。2021年5月にWEB版として再開、もはやITとは無関係の領域がほとんどなくなった現代社会における多くの問題について、ジャンルを横断してさまざまな知識人の論点・視点を集約するサイトとして配信しております。 https://it-hihyou.com/   IT批評が書籍化 特設サイトはこちら https://it-hihyou.com/book/     本リリースに関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 広報グループ(担当:土田修)電話:03-3526-2201 MAIL:info@3-ize.jp トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/
    • 2024.06.17
    • お知らせ
    • トップエンジニアが語る学びのエッセンス
      ──トリプルアイズAIエンジニアが「Pro Tech One 2024」に登壇
    • 株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東京証券取引所グロース市場《証券コード:5026》、以下トリプルアイズ)は、2024年6月22日(土)に開催される「Pro Tech One 2024(主催:株式会社PE-BANK)」の座談会にトリプルアイズ技術本部執行役員・片渕博哉が登壇することをお知らせいたします。               ■「Pro Tech One 2024」とは   Pro Tech One(プロテックワン)は、ITエンジニアが抑えておくべき業界動向を「学び、語り合う」イベントです。2014年に株式会社PE-BANKに所属するITフリーランスエンジニア(プロエンジニア)を対象にスタートしましたが、2022年よりすべてのITエンジニアを対象に、ITエンジニア・ITフリーランスがIT業界で長く活躍するための成長を支えるイベントとしてリニューアルしました。 https://splus.pe-bank.jp/lp/ProTechOne/     ■現役トップAIエンジニアが語る「気づきと学び」   当社AIエンジニアで技術本部執行役員である片渕博哉は、企業担当者や大学教授などを交えた座談会にエンジニアの立場で参加いたします。座談会は、それぞれの視点でのITエンジニアの未来に向け考察する内容となります。 2014年よりAIエンジンの独自開発に取り組んできたトリプルアイズは、社内エンジニア育成のための教育プログラム「AT20(Advanced Technology 20=社内のエンジニアの20%を先端テクノロジストに養成する)」を開発し、通信教育講座はすでに社内外で500名以上の受講者を数えるに至っています。画像認識プラットフォーム・AIZEや需要予測AIの開発などで培った実践的な知見を落とし込んだカリキュラムは好評を博しています。 座談会では、AT20のカリキュラムの監修者でもある片渕博哉が、これからのAI技術の活用シーン、AIエンジニアに求められるスキル、スキルの身につけ方などについて解説いたします。AI研究の最先端で活躍するエンジニアだからこそ語れる、エンジニアの学びの方法論にぜひ耳を傾けてください。     ■イベント概要   イベント名:Pro Tech One 2024 会期:2024年6月22日(土)13:00-18:00 開催方法:オンライン 参加費:無料 イベント参加には事前登録が必要です。下記のサイトよりご登録ください。 https://splus.pe-bank.jp/lp/ProTechOne/     【タイムテーブル】 13:20~14:05 AIは、ITエンジニアの未来をどう変えるのか? 佐々木俊尚氏(ジャーナリスト) 14:10~14:45 ITエンジニアの将来に向けた「マネープラン」 石井聡史氏(MSK保険センター株式会社所属ライフコンサルタント) 14:50~15:35 AIという道具を使い熟すための能力とは? 栗原聡氏(慶應義塾大学理工学部教授) 15:55~16:25 座談会 吉田真吾氏(株式会社セクションナイン代表取締役)※モデレータ 栗原聡氏(慶應義塾大学理工学部教授) *栗原聡氏はトリプルアイズのオウンドメディア「IT批評」を書籍化した『生成AI時代の教養』にインタビュイーとして登場されています。 片渕博哉(株式会社トリプルアイズ) 16:30~18:00 データで社会をデザインする:経済学・機械学習・因果推論の融合 成田悠輔氏(経済学者・データ科学者・事業家)           片渕博哉(トリプルアイズ技術本部 執行役員) 画像認識プラットフォーム・AIZEのメインエンジニア。AIラボリーダーとして数多くのAI案件に携わる。2016年、トリプルアイズ入社。同年、AIの研究開発から学習アーキテクトの構築をメインに、多種多様の企業案件やAIを使用した音楽配信レコメンドサービスの開発に従事。AIエンジニア教育サービス「AT20」「ブートキャンプ」の責任者として、カリキュラムや教材の作成に従事するかたわら、囲碁AIソフト開発マネージャや他社への講演活動も積極的に行っている。               本リリースに関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビルディング 12 階 電話:03-3526-2201 MAIL:info@3-ize.jp  

VIEW MORE