トリプルアイズ

トリプルアイズ

トリプルアイズは、2008年設立のシステム開発ベンチャー企業です。
お客様のニーズに、"3つのIZE"でお応えすること。
ソフトウェア開発を通じて、豊かな社会を実現すること。
それが、私たちトリプルアイズの使命です。

TRIPLEIZE is a sys-development venture startup founded in 2008.
Our mission statement is to satisfy clients` needs with
only the finest tripleIZEd technology and thus help build a
magnificent and wholesome future for our society.

日本の”未来の技術力”を守るため、
AI技術世界一の獲得を目指す企業

トリプルアイズは、AI技術を追求しつづける技術者集団です。これまでの産業革命の中心人物は、蒸気機関をつくったジェームズ・ワット、 蒸気機関車のジョージ・スティーブンソン、自動車のカール・ベンツ、電灯のトーマス・エジソンとほとんどがエンジニアでした。 当社は、次の産業革命を「AIエンジニア」が起こすと考えています。日本ではAI技術が軽視されがちです。正しい理解は進んでいるとはいえません。 すでに米中企業に大きく後れを取っており、やがて訪れる「AIによる産業革命」に乗り遅れることが危惧されます。

当社はAI技術の先端を切り開き、日本の産業を牽引すべく、創業時から独自の研究開発を進めてきました。そのメルクマールになるのは「AI囲碁」です。 囲碁AI開発がなぜ重要なのか。どうして囲碁AI開発がAI技術の未来を占うのかは、こちら、

当社は基礎研究を続け、AI技術世界一の獲得を目指します。

Challenge to AI Go

Challenge to AI Go

AI×囲碁

囲碁はAI研究にとってショウジョウバエのようなものだと、代表の福原は言います。「不可欠な実験素材」ということです。 囲碁の19×19という盤上に展開されうる膨大な選択肢を前に、AI研究が問われるのは技術力であり、同時に技術の優劣は囲碁の勝敗にそのまま反映されます。 これほど研究に適したものはありません。

当社が、囲碁AI開発の資金が十分にない2014年から進めてきたのもこのためです。 Google、Facebook、テンセント、そのような超大企業に打ち勝つため、日夜、研究を重ねています。 その成果として、自社開発囲碁AIが、世界大会4位(https://www.3-ize.jp/information/?p=706)、 国内大会1位2位独占(https://www.3-ize.jp/information/?p=837)の実績を誇っています。 当社は「テクノロジー・ファースト」を主眼とし、研究を重ねていきます。

Education and technical skills

AI教育事業×現場の技術力

トリプルアイズは、教育事業にも力を入れています。その背景にあるのは、日本のAI技術者不足です。 このままでは近い将来に訪れる「AIによる産業革命」時に人員不足となる恐れがあります。産業力、国力に関わる大きな問題です。 その解決の一助となるべく、当社は教育事業に参入しました。

そのプロジェクト名を「CSEA」と言います。

初心者から経験者まで、幅広くAI技術者としての技術力向上プログラムとなっています。「CSEA」の原動力は、「現場の技術力」です。 現場での豊富な経験を基に実戦的なカリキュラムを展開しています。

Education and technical skills
President

President

元フリーランスエンジニア×経営者

トリプルアイズの代表の福原智は、元フリーランスエンジニアです。 一人で活動するフリーランスと多くの社員を束ねる経営者というのは対極の存在のように思えますが、当社はそれを最大の強みとしています。

代表自身がエンジニア出身のため、新規事業を即座に理解をすることができ、この変化の激しい時代に乗り遅れにくくなります。

元エンジニアの福原は、会社の従業員の過半数を占めるエンジニアが最も働きやすい環境を目指しています。

AIZE(アイズ)

AIZE
AI画像認識プラットフォーム

囲碁AIで培った画像認識技術を活用した製品が「AIZE」です。 「AIZE」を使えば、今まで人の目でなければ得られなかったデータを取得することができ、業務を短縮することが可能です。 データはさまざまな応用が可能です。また、AIZEはユーザー次第でカスタマイズ可能です。 それは、他社のAPIを使用せず独自APIで開発をしているからです。その開発の基となっているのは、10年以上のSI開発の経験と実績です。

SI事業での開発実績、顧客基盤をもとに、システムとAIZEのインテグレーションによって、これまでにないAIプラットフォーム事業の展開をも視野に入れています。