HOME   /    会社情報   /    沿革
History

沿革

2008年 9月 東京都千代田区に株式会社トリプルアイズを設立
2012年 2月 事業拡大の為、東京都渋谷区に本店移転
2012年 8月 事業拡大の為、資本金を410万円から955万円に増資
2012年 12月 事業拡大の為、資本金を955万円から1800万円に増資
2013年 8月 事業拡大の為、資本金を1800万円から2700万円に増資
2014年 8月 AIコンピュータ囲碁プロジェクトチーム発足
2015年 3月 事業拡大の為、東京都千代田区に本店移転
2015年 8月 事業拡大の為、資本金を2700万円から3600万円に増資
2015年 9月 クレジット決済システムサービス「Paymentize」をリリース
2016年 4月 国内初のブロックチェーン業界団体「ブロックチェーン推進協会」設立を支援
2016年 7月 AI(DeepLearning)基盤となる「Deepize」をリリース
2017年 3月 AIoTやブロックチェーン技術とサービス研究を目的とした先端開発部(R&D)発足
2017年 8月 事業拡大の為、資本金を3600万円から5000万円に増資
2017年 8月 測量作業向けドローン制御アプリ「Droneize」をApp Storeにてリリース
2017年 9月 産業用モーターとITを融合したIoTサービスを開始
2018年 9月 事業拡大の為、資本金を5000万円から3億7000万円(資本準備金を含む)に増資
2018年 10月 「第114回職域団体対抗将棋大会」S級にて3位獲得
2018年 10月 創業者・福原の著書『テクノロジー・ファースト』がAmazon売れ筋ランキング1位を獲得
2019年 3月 AI画像認識プラットフォーム「AIZE」(アイズ)を発表
2019年 3月 AI教育事業「CSEA」(シー)を発表
2019年 3月 アマチュア将棋の高段者を優遇する「将棋採用」スタート
2019年 3月 公式PRキャラクター「Zちゃん」を発表
2019年 3月 創業者・福原が「AI囲碁世界一奪取宣言」を発表
2019年 4月 「第115回職域団体対抗将棋大会」S級にて3位獲得
2019年 4月 「AIZE」が日本経済新聞(4月24日朝刊・全国版)に掲載
2019年 4月 囲碁AI世界大会「博思杯2019」(開催場所:中国、福州市)にて4位を獲得
2019年 7月 囲碁AI大会「2019年CGFオープン」(開催場所:電気通信大学)にて1位、2位独占
2019年 9月 事業拡大の為、資本金を3億7000万円(資本準備金を含む)から7億8080万円(資本準備金を含む)に増資
2019年 12月 囲碁AI世界大会「第11回UEC杯コンピュータ囲碁大会」にて開発に参画したGLOBIS-AQZで準優勝
2020年 3月 画像認識プラットフォーム・AIZE による顔認証決済サービス「ヤマダ Pay」がスタート
2021年 3月 創業者・福原智 急逝
2021年 3月 山田雄一郎社長就任
2021年 9月 事業拡大の為、資本金を7億8080万円(資本準備金を含む)から8億8051万5千円(資本準備金を含む)に増資