NEWS - お知らせ

    • 2020.05.11
    • お知らせ
    • 「あいつ、サボってないか?」 リモートワーク最大の不安を解消! ウェブでできる顔認証勤怠アプリをリリース
    •   株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智、以下トリプルアイズ)は、2020年5月11日、顔認証勤怠アプリAIZE Bizにウェブでも使える機能を追加しました。これにより自宅や外出先からも顔認証による勤怠記録が可能になりました。 https://aizebiz.jp/       新型コロナウィルスの猛威によって、各社は不要不急な出勤を減らしリモートワークを推進しています。リモートワークを行う従業員の勤務状況を遠隔で管理する問題点として一番に挙げられるのが、「タイムレコード」です。従業員がオフィスに出社したり勤怠システムに入力したりといった記録では、なかなか本人の業務状況を把握することが難しいものです。実際に、なりすましなど、リモートワークにおける業務怠慢の事例は多くあります。 これは、リモートワークにおけるマネージャー層の最大の悩みといえるかもしれません。     ■顔認証があらゆる不正を防止     トリプルアイズ では、2020年2月に顔認証勤怠アプリAIZE Bizをローンチしましたが、今回、新たにリモートワークに対応すべくAIZE Bizのデフォルト機能としてウェブでの認証を追加いたしました。 登録された社員の顔データを、自宅のノートPCや外出先のスマートフォンから、端末のカメラが取得。画像認識プラットフォームAIZEのAIエンジンが本人認証し、出退勤を記録します。出退勤時の顔画像が残せるので不正を防止します。 勤怠システムへのログインだけでは、本人の確認も業務開始した場所も確認することができません。これがなりすましなどの不正のもとになっていました。 AIZE Bizなら、出退勤の記録はPCやタブレットなどの端末でデータ管理することができます。データの一括管理と自動取得によって、管理者と従業員双方の負担を減らします。     ■認証に要する時間はわずか5秒     在宅勤務する社員は、PCを立ち上げログイン画面へ。カメラが自動で作動するので、「確認」ボタンをタップします。本人であることが確認(本人認証)されると、次の画面で「出勤」をタップ。管理者に打刻の記録が自動で通知されます。ここまでたったの5秒。終業時には再度同じステップで「退勤」をタップするだけです。         PCを立ち上げログイン画面へ。カメラが作動するので、「確認」をタップします。     本人であることが確認(本人認証)されました。「出勤」をタップします。     管理者には打刻の記録が自動で通知されます。         ■最短3日で導入可能なコロナ対策     AIZE Bizはクラウド連携なので、最小の機材とコストで導入可能。顔認証勤怠のリモート管理を申し込みから最短3日でスタートできます。顔認証勤怠アプリAIZE Biz並びに今回追加されたウェブ機能については、以下のサイトで詳しく紹介されています。 https://aizebiz.jp AIZE Bizは初期費用が18,000円、月額費用が11,800円〜と導入しやすい価格設定になっています。ウェブ機能はデフォルトで組み込まれているので別途費用は発生いたしません。     ■勤怠認証アプリAIZE Bizのメリット     ・顔認証だからなりすましを防げる ・正面画像であれば99%の認証率 ・自宅や外出先から勤怠打刻が可能 ・打刻に要する時間はわずか5秒 ・管理者はPCやタブレットなどの端末で出勤状況を確認可能 ・既存の勤怠管理システムとCSVで連携可能 ・アプリだからすぐに導入できる ・顔データの定点観測なので健康やメンタルケアのヒントになる     ■企業が「顔認証」からAI導入すべきわけ     頻発する自然災害や疫病の蔓延など、企業は常に事業継続の危機に晒されています。各企業はBCP(事業継続計画)体制の整備に追われるようになっています。 それだけでなく、少子高齢化による慢性的な人手不足や働き方改革など、時代の流れは、否応なく企業に生産性向上の課題をつきつけました。 ビジネス環境の改革、改善を迫られる企業が活路としたのが、DX(デジタルトラスフォーメーション)、なかでもAI化の促進です。 とはいえ、何からAI導入していいのかわからないという声も多く聞かれます。業務のAI化が遅れれば、時代から取り残される恐れもあるのに、です。 AI導入の手始めとして、 顔認証による勤怠システムは最適です。現時点においてビジネスで実用に耐えうるAI技術は顔認証が代表的なものだからです。     ■世界クラスの顔認証技術     画像認識プラットフォームAIZEは、トリプルアイズが取り組んできた囲碁AIの研究から生まれた、ディープラーニングによる画像認識プラットフォームです。カメラからクラウドに画像データを送信し、ディープラーニングの手法でAI(人工知能)が解析します。世界最大級の512次元の特徴量によって顔の認証率を高めており、正面画像であれば99%の認証率を誇ります。     ■AIZEのビジョン     顔は人のアイデンティティそのものであり、AIが顔を認識できればIDもパスワードも不要な世界が実現します。また、AIZEは専門家の目を代替することで、医療介護、保守点検、小売流通など人手不足の解消に役立ちます。さらに画像認識は言語や情報リテラシーの障壁がないことから、外国人や高齢者が増加する社会で利便性を発揮します。       AIZE Bizに関するお問い合わせ先:03-3526-2425   プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 広報グループ(担当:土田修)電話:03-3526-2201 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/  
    • 2020.05.01
    • お知らせ
    • 若者のためのAI(人工知能)特別講義 〜トリプルアイズ・片渕博哉が東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校で講義
    • 株式会社トリプルアイズ(東京都千代田区、代表取締役:福原智)イノベーション部・片渕博哉が2020年4月30日、学校法人滋慶学園 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校(東京都江戸川区、学校長:小達一雄氏)にて、「若者のためのAI(人工知能)特別講義」の講師を務めました。   講師を務めるイノベーション部・片渕博哉     本セミナーは東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校に通う新入生と在校生を対象に、各1時間ずつweb講義の形式で行われました。昨今、音楽業界でもAI(人工知能)活用の動きが始まっていることから、学生に対してAIの基礎知識を学んでもらう目的で特別講義が組まれました。 講義の内容は、最近のAI関連のニュースから、AIに関する一般教養、AIが引き起こした問題や事件を紹介し、最後に今後のAI開発の展望を論説しました。   ■最近のAI関連のニュースから   大阪メトロの「顔認証改札口」の実験、顔画像をリアルタイムで性別・年齢変換してしまう「Snapchat」などを事例に、AIによる画像認識の技術がいよいよ社会に浸透してきていることを紹介しました。特にGAN(敵対性生成ネットワーク)の活用で、AIが機械学習によってレンブラント風の絵画を作成したり、手塚治虫風のキャラクターを作画したり、モーツァルト風の楽曲を作成するなどの事例は大いに学生の興味を引いていました。かたや技術の加速度的な進化によって、人間の仕事がAIに奪われてしまうのではないかといった悲観的な見方があることにも触れました。片渕は2045年頃にシンギュラリティ(技術的特異点)が訪れる説を紹介しつつ、AI時代と自分の仕事の向き合い方について、「人間からAIに代替される仕事が出てくる一方で、人間だけができる新しい業務が発生するだろう。現状のAIで何ができて何ができないのかを知ることが重要である」と述べました。   ■人工知能と機械学習と深層学習   続いて、AIとは何かについて、チャットボット、レコメンドエンジン、自動運転、OCR(文字認識)を例に解説。AIの中心概念とも言える「機械学習」と「深層学習(ディープラーニング)」についても図を交えながら詳しく解説しました。         ■AI開発の展望   後半ではAIが引き起こした問題や事件を紹介しつつ、明るい側面にばかり光が当てられるが、実社会の運用では影の部分も少なからず存在することに言及し、最悪の事態も想定しつつ開発することの大切さを強調しました。 最後は、今後のAI開発の方向性について、「公共・社会インフラ領域」におけるAI投資が盛んになること、深刻な労働力不足の時代が来ることから、AIの役割が大きくなること、その際のキーワードは「無人化」であることを説明し、講義を締め括りました。   最先端のAI研究に関わる若手研究者の話に、学生たちは大いに刺激を受けた様子でした。     無人の教室からリモート講義を行う片渕     東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校ホームページ https://www.tsm.ac.jp/     ◼︎片渕博哉(かたぶち・ひろや)プロフィール 2016年、トリプルアイズ入社。同年、AIの研究開発から学習アーキテクトの構築をメインに、多種多様の企業案件やAIを使用した音楽配信レコメンドサービスの開発に従事。2017年には、クラウドIoTモータ管理システムを用いた大学との共同研究開発において、実証実験の仕様決定やインフラ設計、アプリケーション開発を担当。直近では、AI技術者教育サービス「CSEA」(https://csea.3-ize.com/)のリーダーとして、カリキュラムや教材の作成に従事するかたわら、囲碁AIソフト開発マネージャーや他社への講演活動も積極的に行っている。   プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 広報グループ(担当:土田修) 電話:03-3526-2201 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/  
    • 2020.04.27
    • お知らせ
    • 「今の頑張りは必ず報われる」トリプルアイズ福原代表と新入社員40名がweb座談会
    • 4月22日(水)、17時から約1時間半、福原社長と新入社員40名との第一回「web座談会」が行われました。その模様をお知らせします。   web座談会は、福原社長は社長室から、新入社員は各自宅から、CiscoのWebexを通じて行われました。       ■不安な気持ちと前向きな決意と     座談会の冒頭、社長から、「『ウィズコロナ』、『アフターコロナ』ということが言われていますが、しばらくはフェイストゥフェイスができないなかで仕事をしていく状況が続くので、こうしたテレビ会議に慣れていってほしいと思います」という話があり、その後に新入社員一人ひとりの自己紹介が続きました。   自己紹介では、現状報告に加えて、いま感じていることを話してもらいました。 「社会人としての実感が湧かない」 「何から手をつけたらいいのかわからない」 「実際に現場に入った時にうまく先輩と話ができるかどうか心配だ」 「勉強をしているが、身についているか心配」 といった不安の声や、 「コロナで郵便物が届かなくて困っている」 という社員も複数おり、コロナ問題が心理的にも社会生活でも影響が及んでいることがうかがえました。 一方で、新社会人としての前向きな決意も多く聞かれました。 「囲碁AI開発に携われるように勉強している」 「プログラミングゲームが少しずつできるようになって、成長実感を得ている」 「Javaスクリプトが面白い」 「統計学の本を読んで勉強している」 「プログラミング初心者だが、プロフェッショナルになれるように頑張りたい」 「スキルを身につけて早く一人前になりたい」 さらに、 「パソコンを組み立てるのが趣味、ハード面も勉強し、今の状況を成長の糧としたい」 「逆境になるほど燃えてくる。この勉強の時間を味方につけたい」 などの頼もしい言葉もありました。 また、 「社員寮に住んでいるのですが、先輩にweb歓迎会を催していただいて、うれしかったです」という声も聞かれました。           ■2年後に成長しているために     こうした新入社員の言葉を受けて、社長からは次のような話がありました。 「多くの方から早くプロになりたいという声が聞けたのは頼もしい限りです。プロ野球で言えば、皆さんは自主練習中でまだ試合には出られていない状態です。他人から頼られるプロになるためには、訓練を積まなければなりませんし、経験値を高める必要があります。本来なら、皆さんは先輩と一緒に現場に出て、経験値を積んでいる最中でした。緊急事態宣言が出され、それができないのは会社にとっても皆さんにとっても残念なことです。しかし、この状況はいったん受け止めるしかありません。自宅で勉強している際には、誰も見ていなくても、今やっていることが必ず将来につながると信じてほしい。プロの世界は結果が全てですが、努力すれば結果は自ずとついてくるということを意識してください。 不安を感じている方がたくさんいます。いつだって時代は平坦ではないし、それを不安に感じるのは私も一緒です。生きていくということは、変化を受け入れることに他なりません。不安だからといって、悩んでいてもしょうがないのです。自分が今できることをやるしかありません。ウイルスは歴史的に見て2年経てば終息します。2年後に成長しているために、今の一日一日がとても大事になってきます」         ■今がチャンス。20代はぜひ資格取得にトライしてほしい     後半は社長に対する質問コーナーが設けられました。いくつかご紹介しましょう。   Q:社長ご自身は家でどう過ごされていますか? A:今は外に出ることができないので、『キングダム』というアニメにはまっています。経営や仕事の勉強になると感じました。主人公はビジョンを語って次々にそれを実現していきます。どんなに周りから馬鹿にされても、夢や目標を持つことは大切なんです。皆さんも大きな夢を持ち、手柄を立てて武功を挙げて出世してください。   Q:社長が新入社員だった頃はどんな勉強をしていましたか? A:社会人としては半導体など電気の技術者としてスタートしました。1999年に新卒で入るのですが、大学で勉強したことと現場で覚えることは全然違いました。工場で物を動かすためのシーケンサーなどの図面を描くのですが、1日かけて描いたものが全部否定されて描き直しさせられる毎日でした。日々やり直しで、「何やってるんだろう俺は」と思ったこともあります。ソニーのプレステ1号機を作りに岩手の工場まで出張して、工場のラインでネジを回すという経験もしました。私は今年45歳になりますが、若い頃に色々なことを経験したことが、今になって生きています。20代の頃はひたすら勉強して、基本情報をはじめとして、取れる資格はみんな取りました。2年ぐらいしてプログラミングの世界に移るのですが、電気通信の資格を勉強したことは無駄ではありませんでした。今やっている勉強が必ず役に立つと思って頑張ってください。   Q:コレだけはとった方がいいという資格は何がありますか? A:基本情報、応用情報、プロジェクトマネージメント、G検定、E検定などがいいと思います。資格の勉強は今がチャンスです。28歳を過ぎるぐらいから、マネジメントの仕事が忙しくなって、なかなか勉強をする時間が持てなくなります。20代はぜひ資格取得にトライしてほしい。それによって自分の将来的な伸び代がぐんと広がります。   Q:ITを勉強するために基本情報を学んでいるのですが、そこで出てくる専門用語が実際にはどのように使われるのかイメージがわかなくて困っています。どのような勉強方法がいいでしょうか? A:まず自分でプログラムを書いてみることです。プログラムは正しく書けば動きますが、間違ったり環境が違ったりすると動かなくなります。まずはプログラムを書いて、それが動くことの喜びを味わってください。それを体感することが技術者になる入り口です。コードはコピペではなく自分で打ってください。それによってキータッチも慣れてきます。   最後は、福原社長からの「皆さんの顔を見ることができてほっとしています。テレワークが続くと悶々とすることでしょうが、息抜きの時間も工夫して持ってください。皆さんにお会いできる日を楽しみにしています」という言葉で締め括られました。   世情がいまだ騒然として落ち着かない日々が続きます。社会人になったばかりの若者にとって不安はなおさらのことでしょう。 当社はITベンチャーらしく、様々なツールを駆使して従業員の不安を解消し、業務に邁進できる環境づくりに取り組んでいきます。 この苦しい時期を、たとえwebを通じてであっても、とも歩むことができているという実感を持てたことは、未来への大きな財産になると信じています。   web座談会は今後も継続して催される予定です。       プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 広報グループ(担当:土田修)電話:03-3526-2201 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/    
    • 2020.04.23
    • お知らせ
    • トリプルアイズの画像認識プラットフォーム・AIZEによる顔認証決済アプリ「ヤマダPay」iOS版がリリース
    • 株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智、以下トリプルアイズ)は、株式会社ヤマダ電機(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:三嶋 恒夫氏、以下ヤマダ電機)が展開する顔認証決済アプリ「ヤマダPay」iOS版が4月13日にリリースされたことを発表しました。 「ヤマダPay」は、ヤマダ電機がLABIカード会員の「ケータイdeクレジット」登録者を対象にYAMADA web.com5店舗で2020年2月28日よりアンドロイド版でスタートした顔認証決済サービスです。     ■画像認識プラットフォーム・AIZEを「ヤマダPay」に導入   トリプルアイズは、2019年3月に人工知能(AI)を活用し、顔画像情報により来店者を分析するシステムである独自の画像認識プラットフォーム・AIZE(アイズ)をローンチしました。このシステムで顧客の性別、年齢、感情などを読み取ることにより、導入店舗の品ぞろえやメニューの充実につなげることなどが可能となります。「ヤマダPay」は、この画像認識プラットフォーム・AIZEをもとに開発されております。     ■ヤマダ電機の実証実験で証明された高い認証技術   トリプルアイズの顔認証決済システムによるサービスの実証実験は、2019年11月1日よりヤマダ電機本社内で重ねられてきました。検証の結果、高い認証技術により、安心・安全な決済サービスをお客様にご提供できる環境が整い、「ヤマダPay」としてYAMADA web.com5店舗(YAMADA web.comつくば店、YAMADA web.com仙台センター店、YAMADA web.com江東新砂店、YAMADA web.com武蔵村山店、YAMADA web.com神戸北店)においてLABIカード会員の「ケータイdeクレジット」登録者を対象に顔認証決済サービス開始に至りました。 利用者がスマートフォンに登録する顔登録アプリについては、従来アンドロイド版のみでしたが、今回iOS版がリリースされることで、よりいっそう顔決済の利用が身近になりました。     プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 広報グループ(担当:土田修)電話:03-3526-2201 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/
    • 2020.04.14
    • お知らせ
    • 新しい経営理念の制定を記念してクレドを作成しました。
    • 株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智、以下トリプルアイズ)は、新しい経営理念の制定を記念し、携帯カード型のクレドを作成しましたのでお知らせします。     最初は閉じた姿です。     クレドとは、企業が大切にしている信条やポリシーを簡潔に記したものです。2020年4月1日、トリプルアイズが経営理念・経営方針・行動指針を刷新したのを記念し、社員全員が携帯できる折り畳み型名刺サイズのカードを作成いたしました。デザインは装丁家の永松大剛氏の手になるものです。新しい経営理念については、経営理念ページをご覧ください。     開くと経営理念と経営方針が現れます。     さらに開くと社員の行動指針である「トリプルアイズ15の約束」があります。     最終面にはトリプルアイズ社名の由来が記されています。        新しい経営理念である「テクノロジーに想像力を載せる」という言葉の意味を噛みしめ、社員一同、さらに成長するべく取り組んでまいります。           プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 広報グループ(担当:土田修)電話:03-3526-2201 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/  
    • 2020.04.03
    • お知らせ
    • 当社代表・福原智が産総研インタビュー集で紹介されました。「囲碁AI研究は自動車メーカーのF1と同じ。目指せ世界の頂点!」
    • 株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智、以下トリプルアイズ)代表の福原智は、2020年3月発行のインタビュー集『ABCI 利用者インタビュー第2集』(発行元:国立研究開発法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域)において、紹介されました。         ■「囲碁AIを制するものはAIを制する」     産業技術総合研究所(産総研)のABCI(AI Bridging Cloud Infrastructure)は、「アルゴリズム」と「ビッグデータ」をつなぎ、我が国におけるAIのオープンイノベーションの実現を目指す誰でも利用できるプラットフォームです。 ABCIは4352基のGPUを搭載し、AI学習に適した半精度浮動小数点演算処理と省電力の2つで世界トップクラスの性能を持つ大規模クラウド計算システムです。 本冊子では、トリプルアイズ をはじめ、ABCIの利用者の活用法を紹介しています。   福原は、囲碁AIにおけるABCIを活用した機械学習について述べています。囲碁AIで世界に伍していくにはコンピュータ資源の最大活用が不可欠であり、ABCIの活用によって学習スピードが飛躍的に増したこと、学習量が増えていくにしたがって正解率の飽和点が近づくのでチューニングするノウハウが必要であることなどに触れています。   「囲碁AIを制するものはAIを制する」と言われています。 今後もトリプルアイズ は、囲碁AI世界一を目指し、技術を高めてまいります。   上記記事は、以下のサイト上でも見ることができます。 https://abci.ai/ja/case-8/case-8.html           ◼︎福原智(ふくはら・さとし)プロフィール   株式会社トリプルアイズCEO。BCCC(ブロックチェーン推進協会)理事。1975年、神奈川県生まれ。山形大学理学部物理学科卒。 大手通信基幹システムのメイン開発プログラマーとして参画。2008年トリプルアイズを創立。技術者集団を率いて独自のAI研究開発に取り組み、囲碁AI世界大会では4位入賞。 著作『テクノロジー・ファースト-なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?』(2018年/朝日新聞出版)は業界内外の好評を得ている。 『テクノロジー・ファースト なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?』 https://www.amazon.co.jp/dp/4021002782       プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 広報グループ(担当:土田修)電話:03-3526-2201 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/
    • 2020.04.02
    • お知らせ
    • 入社おめでとう! 2020年4月入社40名のオリエンテーションが行われました。
    • 株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智、以下トリプルアイズ)は、2020年4月1日と2日の両日、4月入社40名の入社オリエンテーションを開催しました。     ■社会人生活の第一歩を踏みしめて逞しい人材に     コロナウィルスの影響を受け、残念ながら入社式は中止になりましたが、新入社員40名は元気な姿で本社ビルに姿を見せ、社会人第一歩を踏み出しました。   冒頭、福原社長は訓示の中で、次のように述べました。 「コロナショックという思いがけない突風が吹いて、国も自治体も混乱した状態です。皆さんに言いたいのは、これをチャンスと捉えて欲しいということです。最悪の環境の時に社会人としてスタートしたわけですから、これから先はどんなことがあってもポジティブに捉えることができます。さらに厳しい状況の中で自ずと鍛えられることでしょう。若いうちの苦労は買ってでもしろと言いますが、危機感があったほうが人は勉強するものです。皆さんも早いうちから技術の勉強をしたり、言語を習得したり、ビジネススキルを磨いて、自分のポジションを確立することに努力してください。」   さらにトリプルアイズの新しい経営理念である「テクノロジーに想像力を載せる」という言葉の意味について解説し、コロナ問題や環境問題をはじめとした様々な社会問題を顔認証などのテクノロジーで解決する使命を持つ、人にやさしいICTを標榜している会社であることを強調。経営方針や行動指針への理解を促しました。 また、当社で活躍している若手社員を例に、目標を持つことの大切さやプロ意識を持つことの重要性、プロになるためには一つのことに1万時間以上集中する必要があること、早く名前を覚えてもらえるように積極的な姿勢を見せること、大学で専門の勉強をしていなくても自助努力と仕事で経験を積むことによってキャッチアップできることなどについて述べました。 最後に、「道は自ら拓くもの」であり、会社は環境を用意するので、経験値を高めるためにバッターボクスに立つ勇気を持って欲しい、と締めくくりました。   新入社員は、初々しさの残る中にも引き締まった表情で社長の訓示に聞き入っていました。一人ひとりに入社証書を手渡し、トリプルアイズ社員としての社会人生活がスタートしました。   後半、山中人事部長から、会社の就業規則や在宅就業期間中の注意点などの説明があり、一人に一台ノートパソコンが用意され、オリエンテーションは終了しました。     新たな仲間を迎え入れ、トリプルアイズはさらに成長を誓った一日となりました。           プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 広報グループ(担当:土田修)電話:03-3526-2201 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/