NEWS - お知らせ

    • 2019.11.21
    • AIZE
    • 画像認識技術は産業革命の起爆剤になる〜デジタルトランスフォーメーション(DX)に関するセミナに代表・福原が登壇
    • 株式会社トリプルアイズ(東京都千代田区)代表取締役・福原 智は2019年11月21日、株式会社ユーエスイービル東京本社(東京都渋谷区恵比寿4-22-10)3階イベントルームにて開催されたソフトウェア事業協同組合(SBA、代表理事:磯崎 澄氏)主催の「DX変革時代のビジネス開拓セミナ」に講演いたしました。同セミナは年3回をおこなれ、福原は第2回目の講師として登壇いたしました。 休憩を挟んで約2時間にわたる講義で福原は、「AIのインフラ技術としての将来性と影響力の凄さと、中小企業の活用戦略」と題して、囲碁AIの研究とともに始まった当社の独自開発の歩みを述べながら、その成果であるディープラーニング技術、画像認識技術がもたらす未来像について論じました。     そのなかで、こうした新しいテクノロジーが中小企業にこそ大きなチャンスをもたらすこと、1つのイノベーションが社会を変えうること訴え、セミナに出席した約40名のソフトウェア事業協同組合会員およびJASPA関係者の方々からも賛同を得ました。   ■セミナの趣旨 現代社会がITなしに成り立たないように、あと数年もすれば社会はAI(人工知能)なしに成り立たなくなっている可能性があります。インフラそのものを変革することはもとより、カルチャーさえも変えてしまうかもしれません。急速に進化しているゆえに、AI技術の優劣は必ずしも企業規模に比例していません。現代は、中小IT企業がイノベーションの発信源になり、社会を変えるAIを生み出しうる時代とも言えます。   ■ソフトウェア事業協同組合(SBA) 1976年設立。全国ソフトウェア協同組合連合会(JASPA)のなかでも最も歴史のある協同組合です。SBAでは「ポストSIビジネス研究会」や「オープン・イノベーション」を通じて、クラウド時代にマッチした新しいビジネスモデルを検討・議論を進め、”次世代の”中小IT企業の形を協同組合のなかで、実践型で示しています。   ■トリプルアイズと囲碁AI トリプルアイズは、2014年から囲碁AI開発に従事してきました。 2019年3月18日「囲碁AI世界一奪取宣言」(www.3-ize.jp/information/?p=590)発表。開発した囲碁プログラム「Raynz(レインズ)」は「博思杯2019囲碁AI世界大会」にて4位を獲得しました。 囲碁AIで独自開発した画像認識技術を応用し、AI画像認識プラットフォーム「AIZE(アイズ)」の提供をスタートしました。   ■AIZE(https://aize.jp)について AIZE(アイズ)は人工知能による画像解析プラットフォームです。クラウド連携で最小の器材とローコストで導入が可能です。人に固有の顔情報を事前登録、以降は自動認証することでさまざまなデータを取得します。すでに有名ラーメンチェーン店、全国展開中の居酒屋に導入されております。 <6つの特徴> 1.来店数推定…入口に設置したカメラでデータを収集、来店者数がわかります。 2.属性推定…年齢や性別など、AIによる画像解析で来店者の属性を推定できます。 3.リピート推定…ロイヤリティの高いリピート客も画像データで自動判別できます。 4表情推定…来店者の画像データから表情を推定、7パターンの感情を読み取ります。 5.防犯通知…不審者の不審な行為を見つけて、お店の安全を守ります。 6.出退勤管理…従業員の出勤・退勤を記録、自動で管理できます。   ◼︎福原智(ふくはら・さとし)プロフィール 株式会社トリプルアイズCEO。BCCC(ブロックチェーン推進協会)理事。 1975年、神奈川県生まれ。山形大学理学部物理学科卒。 大手通信基幹システムのメイン開発プログラマーとして参画。 2008年トリプルアイズを創立。技術者集団を率いて独自のAI研究開発に取り組み、囲碁AI世界大会では4位入賞。 著作『テクノロジー・ファースト-なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?』(2018年/朝日新聞出版)は業界内外の好評を得ている。   福原智著 『テクノロジー・ファースト なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?』   目次 はじめに〜われわれはどこから来たのか? 第1章 ゲーム盤の向こうにある 戦争 ──囲碁AI国際大会が突きつける覇権争いの行方 第2章 ビッグデータという資源の獲得を競う現在 ──4回目の産業革命と、IT開発4度目の波 第3章 テクノロジーへの古い固定観念に囚われた日本 ──第五世代コンピュータに始まる挫折の歴史 第4章 産業革命4.0の本番はこれからの50年にある ──分野を越えて共振するテクノロジー 第5章 ポスト・ディープラーニングを掘り当てろ! ──ブロックチェーンとIoT、AIの本質 第6章 テクノロジー・ファーストのIT企業だけが未来を見る ──IT企業の経営者が持つべき使命 おわりに     プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 広報グループ(担当:桐原永叔)電話:03-3526-2201 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/
    • 2019.11.19
    • お知らせ
    • 画像認識技術が未来の社会をつくる〜トリプルアイズ代表・福原が佐賀県で講演
    • 株式会社トリプルアイズ(東京都千代田区)代表取締役、福原 智は2019年11月15日、佐賀市のホテルマリターレ創世4階グランデピアツァで開催された「第2回ICTに関する講演会」(共催:佐賀県、佐賀県高度情報化推進協議会)の第2部に登壇いたしました。   約50分にわたる講演で福原は、「AIとIoTがもたらす社会」と題し、2014年から研究開発している囲碁AIとディープラーニング、そして画像認識との深い関わりについて述べたうえで、今後、画像認識技術が社会を変革しうる可能性を秘めていることを、トリプルアイズの画像認識プラットフォームである「AIZE(アイズ)」の実例を交えて語りました。   150名の参加者から、福原に対し専門性の質問などもあり、高い興味と関心を集める講演となりました。講演後には、さっそくスマホで福原の書籍を求める方も見られこのテーマに深い時代性が感じられました。   ■トリプルアイズと囲碁AI トリプルアイズは、2014年から囲碁AI開発に従事してきました。2019年3月18日には、「トリプルアイズは、必ず囲碁AIで世界一を奪取します」と代表・福原智は宣言いたしました。(URL: https://www.3-ize.jp/?p=590)その取り組みとして「Raynz(レインズ)」というプログラムを開発、「博思杯2019囲碁AI世界大会」にて4位を獲得しました。また、トリプルアイズは、囲碁AIで独自開発した画像認識技術を応用し、AI画像認識プラットフォーム「AIZE」を開発いたしました。AIZEは、すでに有名ラーメンチェーン店、全国展開中の居酒屋に導入されております。   ■AIZE(https://aize.jp)の機能概要 1.来店数推定…入口に設置したカメラでデータを収集、来店者数がわかります。 2.属性推定…年齢や性別など、AIによる画像解析で来店者の属性を推定できます。 3.リピート推定…ロイヤリティの高いリピート客も画像データで自動判別できます。 4表情推定…来店者の画像データから表情を推定、7パターンの感情を読み取ります。 5.防犯通知…不審者の不審な行為を見つけて、お店の安全を守ります。 6.出退勤管理…従業員の出勤・退勤を記録、自動で管理できます。   ◼︎福原智(ふくはら・さとし)プロフィール 株式会社トリプルアイズCEO。BCCC(ブロックチェーン推進協会)理事。 1975年、神奈川県生まれ。山形大学理学部物理学科卒。 大手通信基幹システムのメイン開発プログラマーとして参画。 2008年トリプルアイズを創立。技術者集団を率いて独自のAI研究開発に取り組み、囲碁AI世界大会では4位入賞。 著作『テクノロジー・ファースト-なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?』(2018年/朝日新聞出版)は業界内外の好評を得ている。   福原智著 『テクノロジー・ファースト なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?』   目次 はじめに〜われわれはどこから来たのか? 第1章 ゲーム盤の向こうにある 戦争 ──囲碁AI国際大会が突きつける覇権争いの行方 第2章 ビッグデータという資源の獲得を競う現在 ──4回目の産業革命と、IT開発4度目の波 第3章 テクノロジーへの古い固定観念に囚われた日本 ──第五世代コンピュータに始まる挫折の歴史 第4章 産業革命4.0の本番はこれからの50年にある ──分野を越えて共振するテクノロジー 第5章 ポスト・ディープラーニングを掘り当てろ! ──ブロックチェーンとIoT、AIの本質 第6章 テクノロジー・ファーストのIT企業だけが未来を見る ──IT企業の経営者が持つべき使命 おわりに     プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 経営企画室(担当:服部隆広)電話:03-3526-2202 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/
    • 2019.11.19
    • お知らせ
    • ~顔認証・入場管理サービス「顔チケ」でイベント受付の常識が変わる~V2020 Convention 2019にて、弊社イノベーション部の片渕博哉が講演
    • 株式会社トリプルアイズ(東京都千代田区、代表取締役:福原 智)イノベーション部・片渕博哉は2019年10月26日、東京コンファレンスセンター・有明(東京都江東区)にて、株式会社キューブシステム(東京都品川区、代表取締役社長:﨑山 收氏)が開発したイベントなどの入場管理を顔情報で行うサービス「顔チケ」について講演を行いました。   ■94.1%という高い認識率 講演では、「顔チケ」と連携している、当社のサービスである画像認識プラットフォーム「AIZE」の紹介も行いました。当日、キューブシステム主催のイベントにおいて「顔チケ」による入場管理がなされ、200名弱の参加者がイベント会場にスムーズに入場できておりました。   AIZEは、「顔チケ」で顔写真を事前登録した153名の方のうち、144名を見事判別して94.1%という高い認識率を示しました。 正面静止画による認証ではなくウォークスルーでの認証や、中には10年前の社員証の顔写真と現在の顔の比較など難しい条件の中、AIZEは高い認識精度を叩き出しました。 また認証できなかった残り9名も「ビジター」として認識したにとどまり、他者との混同や誤認識は一切ありませんでした。   講演中の様子。AIZEの顔認識率の高さが注目を浴びていました   ■「顔チケ」とは 「顔チケ」は、キューブシステムが開発したイベントなどの入場管理が出来るマイクロサービスです。顔チケ登録者は、イベント当日、面倒な受付手続きなどをせずに入場レーンを通過するだけで、イベント会場に入場することができます。 入場レーンを通過すると、事前に登録したメールアドレスや携帯電話宛てにウェルカムメッセージが届きます。これにより、受付が正しくできたかどうかを確認することができます。 ウェルカムメッセージには、登録者自身が指定したニックネームなどの記載のみで、個人情報は記載されておらず、顔認証が誤認識して他者にメッセージが通知されたとしても、登録者自身の個人情報は他者に通知されません。 「顔チケ」は、トリプルアイズの顔認証AIソリューション「AIZE」と連携することで実現しています。   ■AIZE(https://aize.jp)の機能概要 独自開発されたAIエンジンによって、正確な顔データの取得を可能にした画像認識プラットフォーム。さまざまな機能を搭載しています。小売店、飲食店を中心に導入が進んでいます。 <AIZE主な機能> 1.来店数推定…入口に設置したカメラでデータを収集、来店者数がわかります。 2.属性推定…年齢や性別など、AIによる画像解析で来店者の属性を推定できます。 3.リピート推定…ロイヤリティの高いリピート客も画像データで自動判別できます。 4.表情推定…来店者の画像データから表情を推定、7パターンの感情を読み取ります。 5.防犯通知…不審者の不審な行為を見つけて、お店の安全を守ります。 6.出退勤管理…従業員の出勤・退勤を記録、自動で管理できます。   ◼︎片渕博哉(かたぶち・ひろや)プロフィール 2016年、トリプルアイズ入社。同年、AIの研究開発から学習アーキテクトの構築をメインに、多種多様の企業案件やAIを使用した音楽配信レコメンドサービスの開発に従事。2017年には、クラウドIoTモータ管理システムを用いた大学との共同研究開発において、実証実験の仕様決定やインフラ設計、アプリケーション開発を担当。直近では、AI技術者教育サービス「CSEA」(https://csea.3-ize.com/)のリーダーとして、カリキュラムや教材の作成に従事するかたわら、AI囲碁ソフト開発マネージャーや他社への講演活動も積極的に行っている。   プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 経営企画室(担当:服部隆広)電話:03-3526-2202 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/
    • 2019.11.06
    • リリース
    • ~AIとIoTカメラはどのような社会を生みだすのか?~トリプルアイズ代表・福原智が異業種交流会にてAIの未来について講演
    • 株式会社トリプルアイズ(東京都千代田区、代表取締役:福原 智)は、2019年11月1日、小田急ホテルセンチュリーサザンタワー(場所:渋谷区代々木2-2-1)にて行われた異業種交流会にて、各業界の方々を対象に「囲碁AIの研究開発から見た未来」というタイトルで講演を行いました。   福原は、画像認識(顔情報による生体認証)によって、パスワードが必要なくなる次の社会について当社で研究開発を続けてきた囲碁AIとの歴史的な関係などを交えて約40分にわたり話しました。   「大切なのはユーザー視点、ターミネータ型ではなくドラえもん型の、人に優しいICTサービスの開発・普及を目指す」という福原のメッセージに、多くの参加者の方より「AIの印象が変わった」「感銘を受けた」「心に響いた」との感想をいただきました。   当日の会場の様子。約20名の来場者が聞き入っていました。 ■トリプルアイズと囲碁AI トリプルアイズは、2014年から囲碁AI開発に従事してきました。2019年3月18日には、「トリプルアイズは、必ず囲碁AIで世界一を奪取します」と代表・福原智は宣言いたしました。(URL: https://www.3-ize.jp/?p=590)その取り組みとして「Raynz(レインズ)」というプログラムを開発、「博思杯2019囲碁AI世界大会」にて4位を獲得しました。また、トリプルアイズは、囲碁AIで独自開発した画像認識技術を応用し、AI画像認識プラットフォーム「AIZE」を開発いたしました。AIZEは、すでに有名ラーメンチェーン店、全国展開中の居酒屋に導入されております。   ■AIZE(https://aize.jp)の機能概要 1.来店数推定…入口に設置したカメラでデータを収集、来店者数がわかります。 2.属性推定…年齢や性別など、AIによる画像解析で来店者の属性を推定できます。 3.リピート推定…ロイヤリティの高いリピート客も画像データで自動判別できます。 4表情推定…来店者の画像データから表情を推定、7パターンの感情を読み取ります。 5.防犯通知…不審者の不審な行為を見つけて、お店の安全を守ります。 6.出退勤管理…従業員の出勤・退勤を記録、自動で管理できます。   ◼︎福原智(ふくはら・さとし)プロフィール 株式会社トリプルアイズCEO。BCCC(ブロックチェーン推進協会)理事。 1975年、神奈川県生まれ。山形大学理学部物理学科卒。 大手通信基幹システムのメイン開発プログラマーとして参画。 2008年トリプルアイズを創立。技術者集団を率いて独自のAI研究開発に取り組み、囲碁AI世界大会では4位入賞。 著作『テクノロジー・ファースト-なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?』(2018年/朝日新聞出版)は業界内外の好評を得ている。   福原智著 『テクノロジー・ファースト なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?』 目次 はじめに〜われわれはどこから来たのか? 第1章 ゲーム盤の向こうにある 戦争 ──囲碁AI国際大会が突きつける覇権争いの行方 第2章 ビッグデータという資源の獲得を競う現在 ──4回目の産業革命と、IT開発4度目の波 第3章 テクノロジーへの古い固定観念に囚われた日本 ──第五世代コンピュータに始まる挫折の歴史 第4章 産業革命4.0の本番はこれからの50年にある ──分野を越えて共振するテクノロジー 第5章 ポスト・ディープラーニングを掘り当てろ! ──ブロックチェーンとIoT、AIの本質 第6章 テクノロジー・ファーストのIT企業だけが未来を見る ──IT企業の経営者が持つべき使命 おわりに〜われわれはどこへ行くのか?                               プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 経営企画室(担当:服部隆広)電話:03-3526-2202 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/
    • 2019.11.05
    • 将棋
    • トリプルアイズ、第116回職域団体対抗将棋大会S級にて準優勝
    • 株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智)の将棋部は、2019年11月3日(日)に東京都立川市アリーナ立川立飛にて開催された「第116回職域団体対抗将棋大会」(主催:日本将棋連盟 後援:朝日新聞社)に、Sクラス、Dクラス、Fクラス(過去実績に応じて、Sクラス~Fクラスにチームが分かれています)の3チームが出場しました。トリプルアイズは、最高クラスであるSクラスにて、決勝戦で敗退し準優勝となり、114回、115回の職域団体対抗将棋大会のS級3位に続き、3大会連続での入賞となりました。さらに、Dクラスは準優勝、Fクラスは優勝という結果を収め、3チーム全てが入賞しました。次回こそ、念願のSクラスでの優勝を目指し、活動を続けて参ります。   [caption id="attachment_973" align="alignleft" width="800"] 当日の会場の様子。この会場には、全クラスが収まりきらず、EクラスとFクラスは別会場での対局となるほどの盛況ぶりでした。※全チーム数は、416チーム[/caption]   [caption id="attachment_974" align="alignleft" width="800"] Sクラスの対局の様子。健闘しましたが、わずかにリコー(1)チームに及びませんでした。次回こそは念願の優勝を目指します。[/caption]   [caption id="attachment_986" align="alignleft" width="800"] Dクラスの対局の様子。Dクラスもあと一勝で優勝でした。次回はCクラスでの出場となります。[/caption]     [caption id="attachment_976" align="alignleft" width="800"] Fクラスの対局の様子。3チーム中、唯一の優勝を果たしました。次回はEクラスでの出場となります。[/caption]   [caption id="attachment_977" align="alignleft" width="800"] Sクラスの表彰の様子。悔しい敗戦でしたが、次回こそ優勝を目指します。[/caption]   [caption id="attachment_978" align="alignleft" width="800"] Dクラスの表彰の様子。こちらもあと一歩、及びませんでした。[/caption]           [caption id="attachment_980" align="alignleft" width="800"] 優勝したFクラス。次回も優勝を目指します。[/caption]   [caption id="attachment_981" align="alignleft" width="800"] 全体の集合写真。出場した3チームすべてが入賞を果たしました。次回は全チーム優勝を目指します。[/caption]
    • 2019.10.28
    • リリース
    • ~AIはまもなく信じられない進化を遂げる~トリプルアイズ代表・福原智が早稲田ビジネススクールにてAIの未来について講演
    • 株式会社トリプルアイズ(東京都千代田区)は、2019年10月26日、早稲田ビジネススクール(場所:早稲田大学早稲田キャンパス11号館)にてAIに関して講演を行いました。講演では、AIブームが来る前の2014年から続けている囲碁AIに対する当社の取り組みや、囲碁AI研究を応用した画像認識プラットフォーム「AIZE(アイズ)」について話しました。   [caption id="attachment_957" align="aligncenter" width="640"] 当日の会場の様子。約30名の来場者が聞き入っていました。講演で福原は、「画像認識技術によって、AIは『眼』を手に入れ、IoTにより『手足』を持つことによりさらなる進化を遂げる」と話しました。[/caption] ■来場者の感想 「SE業界のお話が非常に興味深かったです。」 「当社もAIに投資しているので、機会があれば是非一緒にAI研究がしたい。」 「AI×IoT化が進むことで、これまでITに苦手意識を持っていた層まで展開が可能になると感じた。」   ■トリプルアイズと囲碁AI トリプルアイズは、2014年から囲碁AI開発に従事してきました。2019年3月18日には、「トリプルアイズは、必ず囲碁AIで世界一を奪取します」と代表・福原智は宣言いたしました。(URL: https://www.3-ize.jp/?p=590)その取り組みとして「Raynz(レインズ)」というプログラムを開発、「博思杯2019囲碁AI世界大会」にて4位を獲得しました。また、トリプルアイズは、囲碁AIで独自開発した画像認識技術を応用し、AI画像認識プラットフォーム「AIZE」を開発いたしました。AIZEは、すでに有名ラーメンチェーン店、全国展開中の居酒屋に導入されております。   ■AIZE(https://aize.jp)の機能概要 1.来店数推定…入口に設置したカメラでデータを収集、来店者数がわかります。 2.属性推定…年齢や性別など、AIによる画像解析で来店者の属性を推定できます。 3.リピート推定…ロイヤリティの高いリピート客も画像データで自動判別できます。 4表情推定…来店者の画像データから表情を推定、7パターンの感情を読み取ります。 5.防犯通知…不審者の不審な行為を見つけて、お店の安全を守ります。 6.出退勤管理…従業員の出勤・退勤を記録、自動で管理できます。   ◼︎福原智(ふくはら・さとし)プロフィール 株式会社トリプルアイズCEO。BCCC(ブロックチェーン推進協会)理事。 1975年、神奈川県生まれ。山形大学理学部物理学科卒。 大手通信基幹システムのメイン開発プログラマーとして参画。 2008年トリプルアイズを創立。技術者集団を率いて独自のAI研究開発に取り組み、囲碁AI世界大会では4位入賞。 著作『テクノロジー・ファースト-なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?』(2018年/朝日新聞出版)は業界内外の好評を得ている。   福原智著 『テクノロジー・ファースト なぜ日本企業はAI、ブロックチェーン、IoTを牽引できないのか?』 目次 はじめに〜われわれはどこから来たのか? 第1章 ゲーム盤の向こうにある戦争 ──囲碁AI国際大会が突きつける覇権争いの行方 第2章 ビッグデータという資源の獲得を競う現在 ──4回目の産業革命と、IT開発4度目の波 第3章 テクノロジーへの古い固定観念に囚われた日本 ──第五世代コンピュータに始まる挫折の歴史 第4章 産業革命4.0の本番はこれからの50年にある ──分野を越えて共振するテクノロジー 第5章 ポスト・ディープラーニングを掘り当てろ! ──ブロックチェーンとIoT、AIの本質 第6章 テクノロジー・ファーストのIT企業だけが未来を見る ──IT企業の経営者が持つべき使命 おわりに〜われわれはどこへ行くのか?   プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 経営企画室(担当:服部隆広)電話:03-3526-2202 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/
    • 2019.10.25
    • お知らせ
    • 所司一門将棋センター主催、第3回トリプルカップの開催~賞金総額30万円!!!
    • 所司一門将棋センター青砥店にて11月より『トリプルカップ』を開催いたします。   ▶『トリプルカップ』とは? 『所司一門将棋センター青砥店』(京成押上線 「青砥駅」徒歩1分)にて、開催されている大会で、 日本の伝統文化である将棋の普及・発展に寄与するという、トリプルアイズの方針にもとづいて開催されている。 今回は将棋強豪にレベルの高い腕試しの機会を提供しようと、総額30万円の賞金をご用意いたしました。   青砥に全国大会出場クラスが集まる又と無い機会ですので、沢山の方々のご参加をお待ちしています!   ■参加費 2,000円   ■予選会場 所司一門将棋センター 青砥店 〒125-0062  東京都葛飾区青戸1-9-23 2F   ■ルール 日本将棋連盟対局規定に準拠。 ・千日手は持ち時間そのままで指しなおし ・持将棋は27点法 予選(持ち時間20分30秒)   本戦(持ち時間30分30秒) 敗退者には景品付きの慰安戦あり。   ■賞金一覧 【優勝】170,000円+30,000円(優勝者にはプロ棋士との平手での記念対局に参加して頂き、勝利したら3万円をお渡しします) 【準優勝】30,000円 【3位】15,000円 【4位】10,000円 【ベスト8】5,000円 【ベスト16】3,000円   ■応募方法(変更しました) 1.所司一門将棋センター 青砥店(03-6657-7202)、津田沼店(047-411-6395)の電話での申し込みを承ります。 2.応募フォームにて申し込みで承ります。(振込、当日払い共に可能です)   ※予選の定員は16名、8名以上で実施となります。  枠に空きがございましたら、当日申し込みも可能です。  8名に満たない場合はミニトーナメントを開催いたします。   ■予選大会当日スケジュール 11時45分開場 受付開始 12時 受付締切、開会式 12時15分 対局開始 ※昼食休憩時間などはありません。 ※12月27日(金)開始時間変更です! 17時30分 受付開始 18時 受付締切、開会式 18時05分 対局開始 ※夕食休憩時間などはありません。         ■決勝トーナメント開催日 2020年1月26日(日) ゲスト 詰将棋の鬼宮田敦史七段  ■予選開始日 【11月開催予定】 30日(土)   【12月開催予定】7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)、27日(金)、28日(土)、29日(日)   【1月開催予定】4日(土)、25日(土)   【終了済予選】 11月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)、   ■主催 株式会社棋創社/株式会社トリプルアイズ   ■大会に関して 本大会においては、大会運営スタッフの判断を最優先といたします。   本大会に関するお問い合わせ先 株式会社トリプルアイズ 経営企画室 メールアドレス:pr_tripleize@3-ize.jp
    • 2019.10.04
    • リリース
    • トリプルアイズ、AI画像認識プラットフォームAIZE(アイズ)を「日経 XTECH EXPO 2019」に出展 ~画像認識精度の実体験コーナーを開設
    • 株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智)は、2019年10月9日~11日の三日間、画像認識プラットフォーム「AIZE」を「日経 XTECH EXPO 2019」人工知能/ビジネスAI部門に出展いたします。当社は、2019年3月にAIZEのβ版サービスを提供開始し、大手メガネチェーン、大手飲食チェーンなど、順調に導入店舗を増やしてきました。AIZEをより多くの人に知っていただくべく、今回の出展の運びとなりました。展示会では、AIZEの精度を実体験していただけるコーナーも開設いたします。 この機会にぜひAIZEの機能を実体験ください。 [caption id="attachment_928" align="aligncenter" width="640"] トリプルアイズ 展示ブース(イメージ)[/caption]   AIZEの機能 1.来店数分析…入口に設置したカメラでデータを収集、来店者数がわかります 2.属性分析…年齢や性別など、AIによる画像解析で来店者の属性を推定できます 3.リピート分析…ロイヤリティの高いリピート客も画像データで自動判別できます 4.感情分析…来店者の表情の画像データから7パターンの感情を読み取ります 5.防犯通知…不審者の不審な行為を見つけて、お店の安全を守ります 6.出退勤管理…従業員の出勤・退勤を記録、自動で管理できます     展示会の見どころ 1.画像認識と深い関係がある囲碁AIのコーナーを開設。盤面上の形勢判断をディスプレイで上映し、AIZEの基礎となる画像認識技術をご覧いただけます。 2.AIZEが、ご来場いただいた方々の年齢・性別を認識するデモンストレーションコーナー「AIZE Check!」では、AIZEの画像認識技術の一端を体験いただけます。 3.AIZEのキャッチコピーである「AI店長」をキャラクター化。より分かりやすく親しみやすくAIZEの機能をご紹介いたします。 [caption id="attachment_929" align="aligncenter" width="426"] AIZEイメージキャラクター「AI店長」[/caption] 展示会と同日デビューするトリプルアイズ公式Vtuber「Zちゃん」とAI店長の特別コラボ動画も上映。   [caption id="attachment_930" align="aligncenter" width="360"] トリプルアイズ公式Vtuber Zちゃん[/caption]   詳細情報 場所:東京ビッグサイト 時間:2019年10月9日(水)~10月11日(金)10:00~17:30 小間番号:西2ホール 2322 会場地図:下記参照   【参考URL:日経 xTECH(クロステック)EXPO 2019の公式ページ】 https://expo.nikkeibp.co.jp/xtech/   株式会社トリプルアイズ 概要 本社所在地  :東京都千代田区神田駿河台3-4 龍名館本店ビルディング12F 会社設立   :2008年9月3日 代表取締役  :福原 智 URL     :https://www.3-ize.jp/ トリプルアイズは、AI技術を追求しつづける技術者集団です。これまでの産業革命の中心人物は、蒸気機関をつくったジェームズ・ワット、蒸気機関車のジョージ・スティーブンソン、自動車のカール・ベンツ、電灯のトーマス・エジソンとほとんどがエンジニアでした。当社は、次の産業革命を「AIエンジニア」が起こすと考えています。日本ではAI技術が軽視されがちです。正しい理解は進んでいるとはいえません。すでに米中企業に大きく後れを取っており、やがて訪れる「AIによる産業革命」に乗り遅れることが危惧されます。当社はAI技術の先端を切り開き、日本の産業を牽引すべく、創業時から独自の研究開発を進めています。その成果として、自社開発囲碁AIが、世界大会4位(https://www.3-ize.jp/?p=706)、国内大会1位2位独占(https://www.3-ize.jp/?p=837)の実績を誇っています。   プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 経営企画室(担当:服部隆広)電話:03-3526-2202 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/
    • 2019.10.01
    • お知らせ
    • 新卒の内定者は過去最多の40名!2020年度内定式開催のお知らせ
    • 株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智)は、2019年10月1日に2020年度の内定式を開催いたしました。 40名の内定者が参加し、代表の挨拶や内定証書授与が行われました。当社は例年、15名程度の新卒を採用していましたが、この度40名もの新卒を採用いたしました。この成長も関係者各位の皆様のご尽力の賜物と考えております。今後もより一層の成長を続けてまいります。   当日の様子   ■内定式直前 [caption id="attachment_912" align="aligncenter" width="640"] 役員もこの日はより一層、気合い十分です[/caption] ■内定式開始 [caption id="attachment_913" align="aligncenter" width="640"] 内定者の緊張感が伝わってきます[/caption] ■代表の福原の挨拶 [caption id="attachment_914" align="aligncenter" width="640"] 40名の内定者は、緊張の面持ちで福原の話に聞き入っていました[/caption] 代表の福原は、将来について思い悩むことも多い若者の立場に立ち、自分も同じ年齢の頃、悩んでいたと経験をもとに10分にわたり熱く語りかけました。特に強調していたのは、当社の経営哲学にある大家族主義です。常に福原の根底には社員が幸せだと感じながら働ける環境をつくりだしたいという思いが強くあることを伝えました。その話を真剣に聞き入っている内定者40名の表情が印象に残りました。     ■内定証書授与 株式会社トリプルアイズ 概要 本社所在地  :東京都千代田区神田駿河台3-4 龍名館本店ビルディング12F 会社設立   :2008年9月3日 代表取締役  :福原 智 URL     :https://www.3-ize.jp/   トリプルアイズは、AI技術を追求しつづける技術者集団です。これまでの産業革命の中心人物は、蒸気機関をつくったジェームズ・ワット、蒸気機関車のジョージ・スティーブンソン、自動車のカール・ベンツ、電灯のトーマス・エジソンとほとんどがエンジニアでした。当社は、次の産業革命を「AIエンジニア」が起こすと考えています。日本ではAI技術が軽視されがちです。正しい理解は進んでいるとはいえません。すでに米中企業に大きく後れを取っており、やがて訪れる「AIによる産業革命」に乗り遅れることが危惧されます。当社はAI技術の先端を切り開き、日本の産業を牽引すべく、創業時から独自の研究開発を進めています。その成果として、自社開発囲碁AIが、世界大会4位(https://www.3-ize.jp/?p=706)、国内大会1位2位独占(https://www.3-ize.jp/?p=837)の実績を誇っています。   プレスリリースに関するお問い合わせ先 https://www.3-ize.jp/contact/ 株式会社トリプルアイズ 経営企画室(担当:服部隆広)電話:03-3526-2202 トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/