HOME   /    採用情報   /    新卒採用   /   
New graduate

新卒採用

募集要項 エントリー
トリプルアイズは、先端技術を活用したシステム開発に強みを持つシステムインテグレーターです。
当社ではたくさんの新卒社員の方がITエンジニアとして活躍しています。

これまでIT技術に取り組んできた方も、これから取り組もうとされる方も、
私たちの活動内容や先輩たちの社員の生の声をご覧頂き、当社の強みや雰囲気を感じ取ってみてください。

もっと知りたい!という方は、1DAYインターンや会社説明会も随時実施していますので、
ご希望の方は、当ホームページの『CONTACT』よりお問合せ下さい。

教育研修

トリプルアイズは社員が成長する環境作りに力を入れています。
その土台となるのが、社員研修です。

入社後は、技能や職種に合わせて1〜3ケ月間の社内研修を実施します。
もちろん基礎技術だけでなく、社会人として持ち合わせるべき知識や振舞いにも力を入れています。

プロジェクト配属後は、先輩社員とOJTを約半年から1年間繰り返し、晴れてプロジェクトメンバーとして認められると、ITエンジニアとして1人前の道を歩み始めます。
成長の早い方は、2年目にして新卒社員をプロジェクトメンバーとして迎え入れ、指導することもあります。

ただ、メンバーと認められるようになってからも、さらなるキャリアアップを目指し、IT技能の習得はもちろんの事、携わる業界関連の学習、新技術の習得、プロジェクトマネジメントなど、継続して学ぶことは山ほどあります。

トリプルアイズでは、全社員が様々な分野、様々なレベルを自由に学べる環境を目指し、基礎的な技術研修から経営者育成研修まで多岐に渡り実施してます。

また社内研修だけでなく、大学や外部企業、MOOC、技術者同士のコミュニティーとも連携し、型にとらわれない学びのスタイルを積極的に取り入れています。

教育/研修イベント事例(2018年開催)


  • AT20(Advanced Technology 20)

    AIを中心とした最先端技術に携わる社員の比率を20%以上に引き上げるため、エンジニアだけでなく経営、管理、営業の全部門を対象に企画されたと研修です。
    未経験から学べる自社コンテンツを1人1人のペースに合わせ、毎週課題をこなしながら、最後はAIの実装を行い、実務で通用する技能を身に付けます。

    ☆
  • 千葉科学大学一般社会人向け公開セミナー

    『危機管理』をテーマの軸に『ICTとの関係性』についてセミナーを開催しました。今後も産学連携を強化し、自社だけでなく地域や社会に貢献する人材育成を行います。
    >>> 一般公開セミナー開催報告

    ☆
  • BAS(Business Admission School)

    「次世代の経営者を育成しよう」をテーマに、経営大学院で学ぶコンテンツを活用し、経営学を学びます。IT業界の事例を多く用いることによって、より分かりやすく学ぶことができます。
    卒業試験に合格された方には、当社認定資格制度と連動して、報奨金の対象になります。

    ☆
  • 人工知能(AI)学習方法論勉強会

    AIの構築に欠かせない学習方法について学ぶ研修です。
    「教師ありなし学習」「強化学習」など、学習手法の違いや特徴について学ぶことができます。
    AIの用途に応じて、最適な学習方法を選択することがAIの性能に大きく影響します。

    ☆
  • ブロックチェーン勉強会

    ブロックチェーン大学校(エンジニアコース)の授業内容をベースに、プログラマー向けの実践的な技術習得を目的とした研修です。
    ハンズオンによる実践研修のため、技術習得がしやすい研修として評価されています。

  • ビジネス企画基礎勉強会

    ビジネス企画未経験の社員を対象にした企画立案の基礎を学びます。
    企画の目的や企画のコツを学び、様々な企画提案シーンでのチャレンジを促します。


先端技術

トリプルアイズの先端技術への取組みをご紹介します。
「Technology First!」を合言葉に、日々先端技術を追求しています。

  • 人工知能(AI)

    人工知能(AI)

    トリプルアイズでは、機械学習を実装するための手法となるDeepLearning(ディープラーニング)エンジン
    「Deepize(ディープアイズ)」を自社開発しました。

    特に画像認識に優れたこのAIエンジンをベースに、様々な業務に適用することが可能になります。

    またAIエンジンの性能を世界レベルに高めるために、日本企業では数少ないチャレンジャーとして、世界AI囲碁大会に出場し入賞を続けています。

    世界AI囲碁大会にはフェイスブックやテンセントといった世界屈指のIT企業が集い、画像処理技術を中心としたAI技術を競い合うため、真の実力が試されます。

    「国産AI囲碁」 ダイヤモンドオンライン(2018-08-23)
    「世界1位を狙う日本AI囲碁」 TECHWAVE(2018-06-22)

  • ブロックチェーン

    ブロックチェーン

    トリプルアイズでは、ブロックチェーン技術が仮想通貨のような金融分野だけでなく、あらゆる取引や流通業のトレーサビリティに利用され、世の中の必要不可欠な技術になるものと位置づけ、2016年4月「ブロックチェーン推進協会(BCCC)」の発足時から理事として携わってきました。

    ブロックチェーン大学校を通じ、ブロックチェーンの技術研究・技術推進・技術者育成を行うと共に、ブロックチェーンを推進する他団体や企業と提携し、勉強会等を開催しています。

    また実用研究として仮想通貨だけではなく、トレーサビリティ等などの様々なビジネスシーンで安心して活用頂くための研究や検証を続けています。

    ■ブロックチェーン推進協会
    BOOC

業務実績

トリプルアイズがこれまでに手がけたシステムやサービスの事例をご紹介します。

当社が得意としているエンタープライズ向け基幹システム開発や、B2CをはじめとするWebシステム開発、
またこれらシステムを動かす環境となるクラウド基盤構築やネットワーク構築だけではない、一歩先行く開発実績の一例です。

  • ☆

    AI(文字認識)


    手書き文字をテキスト形式などへデータ変換させる自社エンジンシステムです。
    曖昧で不完全な文字でも強化学習により、認識率を上げるノウハウがあります。

  • AI(顔認識)

    AI(顔認識)


    人の顔の特徴を人工知能が学習することにより、見分けがつくようになります。
    当社の開発したシステムは、スマートフォンのアプリケーションでも利用でき、様々なシーンでの活用が期待されています。

  • AI(嗜好予測)

    AI(嗜好予測)


    あの人は、いつどんな曲を購入するのか?楽曲データのおススメ情報には、人それぞれの嗜好を分析し、最適なサービスを提供する人工知能のシステムが活躍しています。

  • AI(車載画像認識)

    AI(車載画像認識)


    車載カメラで撮影された建物や看板、ガードレール、白線等の情報を解析することにより、自動でカーナビゲーションシステム等の画像に変換することができます。

  • ブロックチェーン

    ブロックチェーン


    ユーザ同士が仮想通貨を送受信できるウォレットアプリケーションを構築しています。
    今後は金融だけでなく、トレーサビリティなどへの活用も期待されています。

  • ドローン自動飛行、自動空撮(Drone-ize)

    ドローン自動飛行、自動空撮(Drone-ize)


    測量を主な目的とし、測量知識やドローン操作技術が無くても簡単に自動飛行と自動空撮を設定できるアプリケーションです。
    [Drone-ize]


データで見るトリプルアイズ

売上


2018年9月に創立10周年を迎えました。
設立から毎年増収を続けています。

資本金


大手上場企業から出資を受けるなど、
安定経営を実現しています。

3億7000万円

この金額は、全国のソフトウエア企業約3000社中、上位400社内に入る規模です。
※参考 総務省・経済産業省「平成 29年情報通信業基本調査」

平均年齢/男女比


若手、中堅、ベテランまで活躍していますが、若手中堅層の比率がやや高いです。
女性比率はやや低いですが、働きやすい環境をご用意ししていますので、是非安心してご応募ください。

平均年齢:32.4歳
男女比
※2018年9月1日現在
男女比

新卒社員中途社員比率


近年、新卒の比率が増え始めています。
また第二新卒や既卒の方も増加傾向にあります。

新卒・中途社員比
  • 社員1
  • 社員2

業務外活動

トリプルアイズでは、いつでも誰でも自由に参加できるイベントや活動を通じ、
プライベートの充実とコミュニケーションの増大を支援しています。

クラブ活動

クラブ活動

将棋部、アナログゲーム部、軽音楽部、野球部、ダーツ部、ボーリング部が会社公認の部として活動しています。(2018年9月時点)

社員の声1
社員の声1
社員懇親会(年1〜2回)

社員懇親会(年1〜2回)

全社員が集う会合と合せ、懇親会を開催します。

社員の声2
社員の声2
社員旅行(年1回)

社員旅行(年1回)

普段顔を合わせないプロジェクトのメンバーとの交流が醍醐味です。

社員の声3
社員の声3
バーベキュー大会(年1回)

バーベキュー大会(年1回)

新入社員のウエルカムイベントとして春に開催されます。

社員の声4
社員の声4
ライブイベント(年1〜2回)

ライブイベント(年1〜2回)

当社軽音楽部が参加するライブイベントで盛り上がります。

社員の声5
社員の声5
☆

スポーツ大会(年1〜2回)

体育館を貸切り、男女みんなが楽しめるソフトバレーやドッチボールで盛り上がります。

社員の声6
社員の声6

新卒から活躍する先輩社員
ショートインタビュー

新卒からトリプルアイズに入社し、活躍している社員の生の声をご紹介します。

インタビュー

ドローン開発エンジニア
Osawa 2016年入社

Q-1トリプルアイズを選んだ理由は?

自分のやりたいプロジェクトに積極的に参画できるという環境に惹かれ入社しました。

Q-2仕事のやりがいは何?

ドローン開発の仕事は飛行テスト等の制限が多く、準備も大変でプレッシャーもかかりましたが、完成後、世の中で初めてのサービスをお客様の社長さんが見て、感動してくれたのが本当に嬉しかったです。

Q-3会社はどんな雰囲気?

部署を超えたつながりが強いです。会社が閑散としていない殺伐としていない雰囲気が気に入っています。

Q-4他社と違うと思うところは?

何もかもではありませんが、システム作りに関して自分のアイデアや企画が採用されることが多いところでしょうか。

Q-5学生のみなさんに一言

AIやブロックチェーンの案件に携わりたい方はぜひチャレンジしてください。

クラウドエンジニア
Sakurai 2016年入社

Q-1トリプルアイズを選んだ理由は?

大家族主義という会社の経営方針に惹かれて入社しました。

Q-2仕事のモチベーションは何?

新しいチャレンジも多いのですが、社員1人1人の意思を会社が尊重してくれて、サポート体制がしっかりしているところです。

Q-3会社はどんな雰囲気?

先輩と何でも話し合える雰囲気があります。
自分が何をしたいのか、どんなプロジェクトが自分の将来のためになるのかを考えてくれている安心感があります

Q-4学生のみなさんに一言

当社には、苦しいときにしっかりサポートしてくれる先輩がいるので頑張れますよ!

AI開発エンジニア
Hirano 2017年入社

Q-1トリプルアイズを選んだ理由は?

学生時代からAI(人工知能)に興味があって、就活中にAI囲碁大会等で実績のある会社だと大学の先生から紹介されたのが当社でした。

Q-2仕事のやりがいは何?

現在、AI囲碁の開発やAI顔認証のシステムを開発していますが、最先端分野は知見のある人が業界にも少なく、試行錯誤で自分で試す苦労がありますが、システムとして成功した時が本当に嬉しいです。

Q-3会社はどんな雰囲気?

とても柔軟な社風。わからないことを先輩社員に気軽に聞くことができます。
役職に関係なくスポーツ大会や飲み会で交流する場も多くて、垣根を感じないのがいいです。

Q-4他社と違うと思うところは?

社内で最先端技術に関する勉強会が頻繁に行われているところでしょうか。
上辺の概要だけでなく、技術力の高い先輩を交えて掘り下げた議論もできる環境は少ないと思います。

Q-5学生のみなさんに一言

私も未経験でAIの開発を始めましたが、先輩社員がバックアップしてくれたので、今では教える側になってしまいました。 意欲のある方は、ぜひチャレンジしてください

募集要項 エントリー