Information
インフォメーション

トリプルアイズ社、明治大学ジョブヨクチームとジョブヨクを開催~「シンギュラリティ問題」について学生と社会人の交流~

お知らせ
2019.5.8

株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智、資本金:3億7千万円[資本準備金を含む])は、御茶ノ水本社にてジョブヨクを開催しました。

 

 

〜ジョブヨク(職欲の未来)とは??〜

 

十人十色だから人生は面白い

ジョブヨク(職欲の未来)

学生と大人が「働き方」と「生き方」を語るセッション

学生が「働くこと」と「生きること」について、多様な大人メンターたちとフラットな関係で対話することで、自ら考え、自主的に仕事や社会と向き合うきっかけを創る。

大学生が多様な大人メンターと関わる中で、いつでも大人に相談できるという関係性を構築する。大学生の中から次世代のリーダーを育成する。

(webページ http://job-yoku.net/about-job-yoku/ より引用)

 

シンギュラリティとは

人工知能の性能が人類の知性を越える時点のことであり、2045年という比較的近い未来に起きると推測されている。

 

内容

セッション形式で、社会人と学生が話し合いました。

 

最終的に、「お金」が重要と出てくるなど、本音が飛び交う非常に濃い時間となり、全員、ジョブヨクに集中していました。

 

最後は楽しい懇親会も開催されました。全員、まだまだ話し足りないようでした。

 

トリプルアイズでは、今後のこのような、学生の新鮮な意見を取り入れる活動を続けて参ります。