HOME   /    お知らせ   /    最先端の組込み・エッジテクノロジーが集結する展示会で画像認識AIを体験――「ET & IoT 2021」でトリプルアイズのAIZEが展示・紹介されます
News
お知らせ

最先端の組込み・エッジテクノロジーが集結する展示会で画像認識AIを体験――「ET & IoT 2021」でトリプルアイズのAIZEが展示・紹介されます

お知らせ
2021.11.17

2021年11月17日(水)から11月19日(金)の3日間にわたり、パシフィコ横浜にて開催される展示会「ET & IoT 2021エッジテクノロジーは次なるステージへ〜産業DXを実現する 要素技術と応用分野のすべてがココに〜」において、株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、以下トリプルアイズ)の画像認識プラットフォーム・AIZE(アイズ)が展示、紹介されます。

 

 

■ET & IoT 2021とは

 

「要素技術から応用分野まで組込み・エッジテクノロジーのことならココに来れば分かる!」をコンセプトに掲げ、組み込み・エッジテクノロジーを中心にDXを実現するための最新技術やトレンド、多種多様の業種での社会実装例を紹介する展示会です。

 

 

 

■イノテックがAIZEを展示・紹介

 

画像認識プラットフォーム・AIZEを展示・紹介しているのは、イノテック株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大塚 信行氏、以下イノテック)のブースです。

イノテックは、開発から生産までの各プロセスにおいて、ハードウェア、ソフトウェア、そしてコンサルティングを含めたトータル・ソリューションを提供。自社設計し国内で製造しているハードウェア製品は、社会インフラ、FA、医療など幅広い分野で活躍しています。

イノテックホームページ:https://www.innotech.co.jp/

 

 

今回イノテックはインテルの最新Core/Atom™プロセッサーを搭載した自社設計、国内製造の小型組込み向け産業用BOX型PCを多数展示するほか、2021年度リリースの新製品も多数展示しています。

 

 

併せて展示されるのが、トリプルアイズが提供するAI画像認識プラットフォーム・AIZEです。コロナ禍において感染症対策を簡便に行うことができる非接触型検温機「AIZE Biz+」(アイズビズ・プラス)、「AIZE Research+」(アイズリサーチ・プラス)の実機が展示・紹介されており、来場者が実際に顔認証と検温を体験できるブースが展開されています。

AIZE Biz+ホームページ:https://aizebizplus.jp/

 

 

非接触自動検温+顔認証ができるAIZE Research+、AIZE Biz+

 

 

■ET & IoT 2021概要

 

名 称      ET & IoT 2021エッジテクノロジーは次なるステージへ

                            〜産業DXを実現する要素技術と応用分野のすべてがココに〜

会 期      2021年11月17日(水)~11月19日(金)10:00~17:00

会 場      パシフィコ横浜 展示ホールC・D

主 催      一般社団法人 組込みシステム技術協会

公式ホームページ https://www.jasa.or.jp/expo/

ブース番号    イノテックブース【DT01】

 

最先端の組込み・エッジテクノロジーを体感できる展示会へ、ぜひ足をお運びください。

 

 

 

 

 

プレスリリースに関するお問い合わせ先

https://www.3-ize.jp/contact/

株式会社トリプルアイズ 広報グループ(担当:土田修)電話:03-3526-2201

トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/