Information
インフォメーション

AI×防犯カメラで、マスクやサングラスでも顔認証! トリプルアイズがセキュリティコンサルティングの日本防犯システムと業務提携

AIZE
2019.12.3

このたび、株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原智、以下トリプルアイズ)は、株式会社日本防犯システム(本社:東京都港区、代表取締役:賀来 泉氏、以下 日本防犯システム)と業務提携いたしました。画像認識プラットフォームAIZE(アイズ)を使った新たな防犯&マーケティングAIソリューションシステムの販売を、日本防犯システムが開始いたします。

 

 

トリプルアイズは、「人にやさしいICT」の実現を目指し、先端技術を追求しICTサービスの提供を行ってきましたが、このたび、最先端テクノロジーを活用したソリューションシステムの提供に取り組んできた日本防犯システムと、国内におけるAIソリューションシステムの普及と、よりよい社会を実現させたいという意向が合致し、業務提携の運びとなりました。

 

AIと防犯カメラの融合が生み出す新たな店舗運営ソリューション

今回、日本防犯システムより販売される防犯&マーケティングAIソリューションシステムでは、トリプルアイズが開発した画像認識プラットフォームAIZEを防犯カメラと組み合わせることで、これまでになかった高機能の防犯システムを提供いたします。このシステムでは、汎用性の高いカメラを利用することで、来店者数や顧客属性などさまざまなデータ取得も可能となり、マーケティングソリューションとしての効果も発揮します。

防犯&マーケティングAIソリューションシステムは、セキュリティはもちろん、マーケティングといった店舗運営に欠かせないニーズにお応えできるようになりました。

 

■画像認識で99%の認証率を誇るAIZE

AIZEは、トリプルアイズが取り組んできた囲碁AIの開発から生まれた、ディープラーニングによる画像認識プラットフォームです。カメラからクラウドに画像データを送信し、ディープラーニングの手法でAI(人工知能)が解析します。

AIZEは世界最大級の512の特徴量によって顔の認証率を高めており、正面画像であれば99%の認証率となっています。500以上の特徴量を誇る独自のAIエンジンだから、対象者がマスクやサングラスで変装していても高い確度で認識できます。このようなAIZEを搭載した防犯&マーケティングAIソリューションシステムは防犯に最適なのです。

 

■AI画像認識プラットフォーム AIZEシステム 概要

概要:トリプルアイズのAIZEを活用した、防犯&マーケティングソリューションシステム

販売開始時期:2019年12月中旬

販売価格:オープン価格

お問い合わせ先:株式会社日本防犯システム03-6809-1217

 

<『AI画像認識プラットフォーム AIZE』の活用メリット>

  • 利用者分析にて適切な販促活動による、経費削減とリピーターの増加

(AIZE Research⇒男女比率・年齢情報)

  • 危険人物の通知による再犯防止への利活用

(AIZE Security⇒通知機能・メモ記入欄)

  • リピート顧客通知にてサービス向上を行うことによる、リピーターの増加と維持

(AIZE Security⇒通知機能・メモ記入欄)

  • データの一括管理と自動取得による、本部・店舗両方の負担減

(AIZE 全体機能⇒顔認証・クラウド管理)

■AIZE(https://aize.jp)について

AIZE(アイズ)は人工知能による画像解析プラットフォームです。クラウド連携で最小の器材とローコストで導入が可能です。人に固有の顔情報を事前登録、以降は自動認証することでさまざまなデータを取得します。すでに有名ラーメンチェーン店、全国展開中の居酒屋に導入されております。

<6つの特徴>

1.来店数推定…入口に設置したカメラでデータを収集、来店者数がわかります。

2.属性推定…年齢や性別など、AIによる画像解析で来店者の属性を推定できます。

3.リピート推定…ロイヤリティの高いリピート客も画像データで自動判別できます。

4表情推定…来店者の画像データから表情を推定、7パターンの感情を読み取ります。

5.防犯通知…不審者の不審な行為を見つけて、お店の安全を守ります。

6.出退勤管理…従業員の出勤・退勤を記録、自動で管理できます。

 

プレスリリースに関するお問い合わせ先

https://www.3-ize.jp/contact/

株式会社トリプルアイズ 広報グループ(担当:桐原永叔)電話:03-3526-2201

トリプルアイズHP:https://www.3-ize.jp/